高橋克典は、神奈川県出身の歌手、俳優である。1993年に「抱きしめたい」で歌手デビュー後に俳優として活動を始める。彼の代表作は1994年のテレビドラマ「サラリーマン金太郎」や、2003年の「特命係長 只野仁」。この人気の2作品はアクションと肉体を披露するため、厳しい食事制限をストイックにこなし、ジムに通い詰めて役作りをしていた。その徹底ぶりが視聴者へ伝わるのか、どちらもシリーズ化された人気作である。2017年1月には、15年目の主演「特命係長 只野仁 Abema TVオリジナル1」が放送された。この時も役作りのために11キロの減量に成功して役に挑んだ。今シリーズも楽しさ満載の内容となっている。現在は俳優の他にテレビの司会などを務め、幅広く活動をしている。精力的に活動をする彼に注目したい。

高橋克典の日程

30人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

シアターコクーン

まつもと市民芸術館

森ノ宮ピロティホール

サントリーホール

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

高橋克典のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 18:00更新)

高橋克典について

高橋克典の魅力とは

人気ドラマのシリーズ化の主役を2本も演じ、映画・舞台と活躍する歌手・俳優の高橋克典。彼は俳優としてテレビドラマへの出演が多く、2009年「隠蔽指令」主演の天野善彦役、2010年「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」で主演の杉山浩介役、2010年からシリーズ化の「広域警察」主演の東圭太(刑事)役など、多数の主役を現在も演じている。映画では2008年12月に「特命係長 只野仁 最後の劇場版」で主演の只野仁役、2010年4月に「誘拐ラプソディー」で主演の伊達秀吉役、2012年3月に「私の叔父さん」で主演の田原構治役など多くの主演を演じる程、演技力を認められている俳優である。

歌手活動では、テレビ番組の主題歌や挿入歌を多数歌っている。2016年12月にはアルバム「SINGS~Cover Theme Songs~」をリリースした。13年ぶりのリリースとなった待望のアルバムは、自身が出演した数々のドラマの主題歌の中から厳選した楽曲などを収録。ジャズやボサノヴァを基盤としたサウンドに仕上げたアルバムとなっている。

2017年11月には舞台「24番地の桜の園」にて主演の商人・ロパーヒン役を務める。舞台は3度目の挑戦となる。舞台でこの役を彼がどう演じるかに期待が高まる。幅広く活躍している彼から目が離せないだろう。

高橋克典が好きな方はこんなチケットもおすすめ