高橋亜弥は東京都出身のシンガーである。2003年に、小学6年生で出場したヤマハ音楽振興会、ニッポン放送が主催の「YAMAHA MUSIC FESTIVAL2003」でグランプリを獲得。更に「あんたが大賞」も受賞しダブル受賞となった。2005年に開催された「スマイルボーカルオーディション」では2万人の中から選出され、竹内綾乃、光岡昌美と共にダンスボーカルユニット「Sister Q」を結成し、東芝EMIよりメジャーデビューを飾った。このユニットではAYAという名義で活動し、リリースした曲は様々なタイアップを獲得した。2016年には高橋亜弥名義となり、12月には初の単独ライブを開催。今後の活躍に期待が寄せられている。

高橋亜弥の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

高橋亜弥について

高橋亜弥の魅力とは

東京都出身のシンガー 高橋亜弥。竹内綾乃、光岡昌美と共に結成されたダンスボーカルユニット「Sister Q」ではAYAという名義で活動した高橋。2005年にリリースしたシングル「Night and Day」がTBS系ドラマ「Mの悲劇」の主題歌に起用され話題となった。続く2ndシングル「Step One」はテレビ東京系アニメ「ガラスの仮面」のエンディングテーマに起用されている。計4枚のシングルをリリースし、2006年に解散すると、明治大学文学部心理社会学科に合格し、一旦学業へ専念することとなった。

「BATMAN ARKHAMCITY ARMORED EDITION」や「iFitness」などのモデルも務めていた高橋であったが、生演奏をバックにカフェで歌っているところがLGYankeesの目に留まり、2013年にaagnaとして1stアルバム「Love aagna」でメジャーデビュー。収録曲の「forever feat.Noa」はレコチョク ジャンル別ランキングにて1位を獲得するヒットとなった。2016年には高橋亜弥名義となり、12月には初の単独ライブを開催。本格的なソロアーティストとしての活動にファンの注目が集まっている。

高橋亜弥が好きな方はこんなチケットもおすすめ