TAK-Z(タクジー)は、ジャパニーズ・レゲエシンガーである。1984年10月生まれの大阪府羽曳野市出身であり、2004年にレゲエシンガーとしてクラブで活動を開始している。2011年にアルバム「Lifetime memory」をリリースしメジャーデビューを果たすと、数々のヒット作を量産していく。翌2012年には2ndアルバム「A Tree Of Life」をリリースし、さらに翌2013年には3rdアルバム「Songs Of Life」をリリースし、全国ツアーを敢行すると大成功を収めた。伸びやかな歌声と、みんなを元気にしてくれるようなポジティブなメッセージ、そして紡ぎ出される世界観が特徴である。

TAK-Z(タクジー)の日程

58人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

TAK-Zのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/23 00:00更新)

TAK-Z(タクジー)について

TAK-Z(タクジー)の魅力とは

TAK-Z(タクジー)は、大阪府出身のレゲエシンガーである。2004年6月にレゲエシンガーとしてクラブで活動を開始し、地元関西を中心に精力的に活動を続けている。2011年にアルバム「Lifetime memory」でメジャーへ進出を計ると、楽曲配信を含めてコンスタントに作品を発表している。2012年には2ndアルバム「A Tree Of Life」をリリース。2013年には3rdアルバム「Songs Of Life」をリリースしている。また、NATURAL WEAPONとのコンビネーション曲「祭りのあと」は、ロングヒットを記録しており、その続編となる「あとの祭り」を配信リリースし、2014年には祭りシリーズ最終章となる「永遠の祭り」がリリースされ、高評価を得ている。

2014年末には、SHINGO★西成やKIRAをフィーチャーした「最後のグッバイ」で、ジャンルを超えて幅広い層のファンを獲得。2015年には、盟友BIG BEARと新たなレーベルであるSTARDOM RECORDSを設立し、全国ツアーやワンマンツアーを展開している。2017年も精力的な活動を継続している彼。音楽フェスティバルには欠かせない存在となりそうだ。

TAK-Z(タクジー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ