舞台 太陽のかわりに音楽を。取扱中!「太陽のかわりに音楽を」は、オリジナル青春群像劇の舞台。ラジオの深夜番組の舞台裏で様々に繰り広げられる熱気とその情熱を描いた作品である。また「太陽のかわりに音楽を」はオールナイトニッポン初期の頃のキャッチフレーズでもある。ジャニーズJr.内のグループの中でも、特にダンスの技術が高いことでも知られるTravis Japanの宮近海斗と高田翔が出演する。ジャニーズJr.舞台以外の出演は初の宮近だが、今舞台で様々な成長が期待できる良い機会となるだろう。客席収容数が大きい劇場ほどでないことから、人気の高い彼らが出演するとで、チケットの激戦が予想される。2017年12月上演の今作品で、今までに観たことのない彼らを発見できるかもしれない。今後も彼らに注目したい。

舞台 太陽のかわりに音楽を。

86人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

太陽のかわりに音楽をについて

太陽のかわりに音楽をの魅力とは

ラジオの深夜番組の舞台裏がストーリーの舞台となり、宮近海斗と高田翔が出演して演ずる群像劇「太陽のかわりに音楽を」。高田は2004年に子役デビューし、劇団四季のミュージカル「ライオンキング」に出演するなどして活躍、2008年、テレビドラマ「バッテリー」では準主役に抜擢、「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2008「廃屋の螺旋」」で主役などを演じ活躍をしている。多くの作品に出演し、その演技力の高さは注目されている。今作品が初舞台となる宮近は舞台こそ初挑戦だが、テレビ出演、2013年「激流~私を憶えていますか?~」、2015年「お兄ちゃん、ガチャ」、2016年「99.9-刑事専門弁護士-」(第9話)で活躍している。中でも「お兄ちゃん、ガチャ」で演じたレイ役は迫真の演技が話題となり、注目されている。2人とも俳優としての演技力は好評を得ており、この2人が群像劇でどのように演じ、舞台がどのように展開するか公演まで待ち遠しい。何気なく聴いているラジオ。そのラジオの裏側には熱い人々の想いが詰まっている。ラジオの裏で起こっていること、リスナーには見えない裏側の知られざる世界を描いたこの作品。ぜひとも劇場で楽しんで頂きたい。

太陽のかわりに音楽をが好きな方はこんなチケットもおすすめ