映画「太陽の蓋」は、2016年7月16日より公開の映画作品である。テーマは東日本大震災で福島原発事故が起こった3月11日からの5日間。原発事故の真相を追う新聞記者をキーパーソンとし、当時菅直人政権であった官邸内や、東京や福島で暮らす市井の人の姿を対比させて描く。製作は著書「民主党10年史」で知られる橘民義。さらに個性豊かなキャスト陣には、情報収集に奔走する記者・鍋島役に数々の映画・ドラマ・舞台で活躍し日本映画界では欠かせない存在の北村有起哉。菅直人役にはベテラン俳優三田村邦彦が務め、作品に重厚感をもたらせている。東京に暮らす鍋島の妻・麻奈美役は中村ゆりが演じ、使命感から福島第一原発内で作業をする地元の青年には郭智博が。原発と共に生きて来た福島の人々の葛藤、そして原発事故発生によって翻弄されるマスコミや、東京に暮らす人々に着目することで、原発と日本人の姿を俯瞰的に捉える大作「太陽の蓋」に注目だ。

太陽の蓋 舞台挨拶の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

太陽の蓋の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

太陽の蓋のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 06:00更新)

映画「太陽の蓋」について

映画「太陽の蓋」の魅力とは

映画「太陽の蓋」は、2016年7月16日より公開の映画作品である。テーマは東日本大震災で福島原発事故が起こった3月11日からの5日間。原発事故の真相を追う新聞記者をキーパーソンとし、当時菅直人政権であった官邸内や、東京や福島で暮らす市井の人の姿を対比させて描く。

菅内閣の政治家がすべて実名で登場し、原発事故の経過や対応が事実に沿って丹念に追われる。多くの情報が錯そうする中、極度の緊張感にあった人間ドラマを描き、官邸内部のリアルな様子が浮かび上がる。

製作は著書「民主党10年史」で知られ、ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社代表取締役会長の橘民義。さらに個性豊かなキャスト陣には、情報収集に奔走する記者・鍋島役に数々の映画・ドラマ・舞台で活躍し日本映画界では欠かせない存在の北村有起哉。菅直人役にはベテラン俳優三田村邦彦が務め、作品に重厚感をもたらせている。東京に暮らす鍋島の妻・麻奈美役は中村ゆりが演じ、使命感から福島第一原発内で作業をする地元の青年には郭智博が。

原発と共に生きて来た福島の人々の葛藤、そして原発事故発生によって翻弄されるマスコミや、東京に暮らす人々に着目することで、原発と日本人の姿を俯瞰的に捉える大作「太陽の蓋」に注目だ。

太陽の蓋 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ