タヒチ80はフランス国内でのインディーズ活動を経て、コーネリアスこと小山田圭吾にデモテープを渡してその才能を認められ、やがてワールドワイドに活動を始めた。特にここ日本では人気絶大、3回のサマーソニック出場など、順調にキャリアを伸ばしている。アルバムでの印象は、やはりフレンチポップスのフレーバーが強いが、チケットを用意してライヴに出かけてみてほしい。彼らがロックバンドだと再認識させられる。明らかに英米のヴォーカルとは違う、フランス訛りの英語を紡ぐグサヴィエの歌声が心地良い。ぽっちゃりムードメーカーのペドロのベースラインに癒される。リラックス、かつグルーヴィな流れに身を任せよう。2015年、デビュー・アルバム『パズル』のリリース15周年を記念した世界初の「PUZZLE TOUR」が開催される。

Tahiti80(タヒチ80)の日程

59人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Tahiti80の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Tahiti80のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

Tahiti 80 (タヒチ80) Live情報

Tahiti 80 (タヒチ80)の魅力を徹底解剖

英語はダサいか否か?なんていう議論は、ここ日本ではほぼ発生しない。英語を世界共通言語とするポップス/ロックジャンルの話だと尚更だ。一方フランス人は、自国語に誇りを持っていることで有名で、間違っても「英語を話せないと恥ずかしい」などとは思わない。逆に英語ばかり話していると、小馬鹿にされることもあるという。この気質、フランス独自のポップカルチャーが、今も昔も世界から支持されている理由のひとつである。

フランス生まれの5人組、Tahiti 80は、そんなフランスで活動するにあたり、母国語ではなく英語を選んだ。勿論、英語のほうがメロディに乗せやすいという観点もあるだろう。しかし、彼らの心地良いポップな楽曲を聴いていると、どこかあまのじゃくな、「ダサいと言われるのなら逆に英語でメッセージを伝えてやろう」という確信犯的な意図が感じられるのだ。このあたり、一筋縄では行かないフランス気質か。誰もが恋したTAHITI80の最高傑作『PUZZLE』15周年を記念して世界初となるPUZZLE TOURが行われる。チケットを手にいれて、TAHITI80の魅力に触れてみよう。

Tahiti80(タヒチ80)が好きな方はこんなチケットもおすすめ