天才劇団バカバッカはアニメ「ドラえもん」ジャイアン役を務める声優、木村 昴と、桐野 翼が2009年に結成した劇団である。主宰の桐野 翼が脚本、演出、座長の木村 昴主演を務めている。わかってても笑える。わかってても泣ける。をテーマにしたコメディーを非常にハイペースに公演している。木村 昴、桐野 翼共にとても若いにも関わらず、演劇の王道を突き進むドラマ性を主軸としている。エネルギッシュなパワーとテンポで観客を沸かせている。天才劇団バカバッカは2009年に新宿のサニーサイドシアターで旗揚げ公演を成功させ、2015年までの15本の本公演を発表。番外公演も含めるとその数は非常に多い勢いのある劇団である。

天才劇団バカバッカの日程

6人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

天才劇団バカバッカについて

天才劇団バカバッカとは

天才劇団バカバッカで座長、主演を務める木村 昴は1990年、ドイツ出身の俳優である。
本名はサミュエル・バーチュ、日本語、ドイツ語、英語の3カ国語を話すことが出来る。ミュージカル「アニー」で舞台デビューを果たした木村であるが、なんといっても話題になったのが2005年、アニメ「ドラえもん」でジャイアンの声優として抜擢されたことだろう。この時若干14歳であった。父はドイツ人でオペラ歌手、母は日本人で声楽家という芸能一家である。
2010年にはミュージカル「HONK!」において2009年度岡山市民劇場賞新鋭賞を受賞している。当時大道具をやっていた桐野 翼とは舞台で出会い意気投合。劇団を立ち上げようということになったが右も左も分からない彼らはスネオ役の声優、関 智一に相談することとなった。関 智一は自身でも舞台の座長を務めていて、稽古準備から小屋入り、本番までの全てを教わったという。

その後この関に「天才劇団バカバッカ」という名前を付けてもらい2009年に旗揚げする事となった。演劇の王道を目指しながらも型に囚われない劇団作りをしており、演劇好きの演劇好きの為の公演にならないよう心がけているという勢いのある劇団である。

天才劇団バカバッカが好きな方はこんなチケットもおすすめ