大阪☆春夏秋冬は、2012年から大阪を拠点に活動を開始した、ダンス&ヴォーカルアイドルユニットである。読み方は「おおさかしゅんかしゅうとう」で、略称は「しゅかしゅん」である。メンバーは、リードヴォーカルのMAINAを筆頭に、ANNA、MANA、EON、YUNA、RUNAの6人組で、平均年齢は18歳である。ブレイクのきっかけは、2015年の「TOKYO IDOL FESTIVAL」であり、圧倒的な歌唱力と「カタヤブリなアイドル」を自称する程の破天荒なパフォーマンスで、一躍注目を集めた。それをきっかけに、観客動員数も従前の170人程度から、一気に550人を集めるなど3倍以上のファンをワンマンライブに呼び込めるほどに成長した。

大阪春夏秋冬の日程

146人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

大阪春夏秋冬のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 12:00更新)

大阪春夏秋冬について

大阪春夏秋冬の魅力とは

大阪☆春夏秋冬は、リードヴォーカルのMAINAを筆頭に、ANNA、MANA、EON、YUNA、RUNAからなる6人組ダンス&ヴォーカルアイドルユニットである。2010年の奈良での平城遷都1300年祭での企画で結成されたアイドルグループ「万葉シャオニャン」が前身であり、メンバーの脱退と加入を経て2012年に、現在の構成で再スタートした。

元々は大阪を拠点に、日本の四季毎に咲く花々の素晴らしさを歌やダンスで伝えていくというスタンスで活動が開始されたが、アイドルの型を破ろうというモットーの元に、コンセプトを「カ・タ・ヤ・ブ・リ」に変更した。それ以降は楽曲もロック路線に方向転換し、MAINAのワンボーカルとダンスパフォーマンスの体制に変換していった。中でも2015年の「TOKYO IDOL FESTIVAL」では、当時ほぼ無名だったが、圧倒的な歌唱力とパフォーマンスが絶賛され、大阪のアイドル代表の地位を築くことになった。その人気ぶりは、ワンマンライブへの入場者数からもうかがえ、2015年のイベント以後観客動員数を3倍以上に伸ばした。2017年1月31日には「New Me」がリリースされたが、作詞は日本を代表するヒップホップグループ「韻シスト」が手がけており、「カ・タ・ヤ・ブ・リ」を実行し続けている。

大阪春夏秋冬が好きな方はこんなチケットもおすすめ