庄司文子は川崎市出身のピアニスト。4歳からピアノにふれ、洗足学園大学付属高校に15歳に入学、その後、洗足学園音楽大学のピアノ専攻を卒業。洗足学園音楽大学では内田ゆみ子氏、歌田紀子氏に指導を仰ぎピアノの技術向上に励んだ。大学卒業後は商社に就職し結婚、育児を機に退職し自宅でピアノ教室を開講した。都内でチャペルウエディングのオルガニストや音楽葬儀でのエレクトーン演奏、川崎市を中心にソロ、室内楽で演奏会を開いている。音楽グループ「MAYASA」に所属し積極的に活動を行っている。また、日本芸術家認定振興協会、JAPASのピアノ部門Aライセンス、全日本ピアノ指導者協会、ピティナの指導者会員と指導者としても一流のピアニストだ。

庄司文子の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

庄司文子について

庄司文子の魅力とは

庄司文子は川崎市を中心に活躍するピアニストで川崎区主催「クラシックスペシャルコンサート」、川崎市市民ミュージアム「プロムナードコンサート」、「いつでも誰でコンサート」に出演などで演奏活動を行っている。
洗足学園音楽大学ピアノ専攻卒業後は一般企業に就職したが育児を際に退職後音楽活動を開始。
ブライダルや音楽葬儀などの伴奏を経て現在は個人のピアノ教室、川崎市を中心に室内楽を演奏するグループ「MAYSA」に所属して演奏を行っている。

演奏する曲目もドヴォルザークの「ピアノ五重奏曲」やブラームス「三重奏曲 第1楽章」、ハイドン「ピアノ三重奏 ジプシートリオ」などの本格的なクラッシク演目から「君をのせて~天空の城ラピュタ 」や「赤とんぼ」、「ふるさと」など馴染み深い曲まで幅広いジャンルでどのコンサートも楽しめるものになっている。
ソロ演目だけでなくフルートやヴァイオリンなどの楽器とアンサンブルは弦楽器の個々の音色とピアノの音色のハーモニーが素晴らしく彼女が奏でる包容力のあるピアノが音の厚みをます。
演奏会場も足を運びやすい会場が多いのも魅力なのでより近くで彼女のピアノを体感しに足を運んでみてほしい。

庄司文子が好きな方はこんなチケットもおすすめ