シンフォギアライブ2018取扱中!戦姫絶唱シンフォギアとは音楽と少女、そしてメカを1つに融合させた2012年に第1作目となるテレビアニメがスタートするアニメ作品。第1作目の放送以降も高い人気を集めており、2017年には第4シリーズとなる「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」が放送を開始。さらに次のシリーズの制作も早々と決まり人気シリーズとして高い地位を確立している。本作の制作を行ったのは音楽家としても有名な上松範康とゲームクリエイターの金子彰史。当時テレビアニメの定番ともなりつつあった「少女」と「音楽」の組み合わせを取り入れ、そこにオリジナルの要素を足すことで誕生した。歌をキーワードに主人公となる少女が悪と戦うという王道をベースにし独自の世界を展開。2018年に特別ライブイベントの開催が決定しており、現実世界を舞台にファン待望のステージが幕を開ける。

シンフォギアライブ2018

604人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

戦姫絶唱シンフォギアのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 12:00更新)

戦姫絶唱シンフォギアについて

戦姫絶唱シンフォギアの魅力とは

戦姫絶唱シンフォギアとは上松範康、金子彰史原作による少女達の戦いを描いたSFアニメ。2012年の放送スタートからキャラクター、世界観、そしてビジュアルとその全て注目を集め以降も高い人気を獲得している。2017年までに4つのテレビシリーズが制作されており、その段階で既に第5シリーズの制作が発表された。物語の主人公は1人の少女立花響。彼女の目の前にある日謎の存在「ノイズ」が出現。混乱の中響は2年前に聴いたある歌を口ずさむと突如身体が鎧に包まれる。そこにさらに謎の少女が出現、彼女に助けられた響はそのまま「ノイズ」に立ち向かう組織へと連れて行かれる。物語はそんな謎の存在と対峙する主人公響をはじめとする少女達の姿を描いており、いずれもメカニックな鎧を身に纏った戦士として描かれている。少女達の可憐な姿とはうって変わり、いざ戦闘がはじまると迫力のバトルシーンが描かれるのも本作の特徴。「歌」をキーワードにした作品でもあり、随所に歌を使ったシーンが見れる。本作のキャラクターを描くのはデザインに定評のある吉井ダンが、さらに日本人とは違った感性を持つとして外国人デザイナーも起用しこれまでのアニメ作品には見られないデザインで多くの支持を集めている。

戦姫絶唱シンフォギアが好きな方はこんなチケットもおすすめ