シルヴィ・ギエム」とは、フランス パリ生まれのバレエダンサーで、100年に1人の逸材と称される現代バレエの女王的な存在だ。 インタビューが嫌いで「マドモアゼル・ノン」とも呼ばれる彼女だが、そのしなやかで柔軟性の高い体、ジャンプの美しさ、個性の強さ、かっこよさが特徴であり、長く世界中の人々を魅了してやまないバレリーナなのである。 親日家であることも有名な「シルヴィ・ギエム」だが、この度50歳となる2015年に現役を引退することを表明。 それに伴いなんとさよなら公演を「日本で行う」ことも決定した。 2015年9月現在、世界各地のファンのためのワールドツアー「ライフ・イン・プログレス」を開催しているが、その日本公演は12月17日(木)、12月18日(金)、12月19日(土)、12月20日(日)の4日間、東京文化会館で開催される。 そしてその日本のファンのためのラストツアーが「シルヴィ・ギエム ファイナル」。12月9日(水)~12/30(水)まで9日間公演となり、西は福岡から東は富山まで全国9箇所で現役最後のスペシャルステージを見ることができる。 またラストツアーでは世紀の傑作「ボレロ」が上演されることも決定している。 100年に1人と呼ばれるバレエ界の至宝「シルヴィ・ギエム」の最期のダンスを日本で観られるこの貴重な機会、この公演のチケットはプレミア化必須であろう。

シルヴィ・ギエムの日程

445人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

シルヴィ・ギエムの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

シルヴィ・ギエムのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/2 18:00更新)

シルヴィ・ギエムについて

「シルヴィ・ギエム」とは、100年に1人の逸材と称されるフランス パリ生まれのバレエダンサーである。 その魅力は強靱な肉体、そしてそこから生まれる柔軟性、弓のような足の甲、180度以上開いていそうな開脚・ジャンプ、美しさだけではない芯の強さが垣間見えるダンスの格好良さ、自分のスタイルを貫くオリジナリティーの強さ、など多岐にわたり長く世界中の人々を魅了してやまない。 1981年にオペラ座バレエ団に入団し、19歳にしてバレエの最高峰パリオペラ座のエトワールに任命され、数々の名誉ある賞も受賞。 順風満帆に見えたがその後1988年に電撃退団し、イギリスのロイヤルバレエ団に移籍したことが「国家的な損失」といわれ大々的に報道された。

ところで、そんな現代バレエの女王「シルヴィ・ギエム」だが、この度2015年に現役を引退することが発表された。 現在行っているワールドツアー「ライフ・イン・プログレス」で12月17日(木)、12月18日(金)、12月19日(土)、12月20日(日)の4日間、東京文化会館で日本公演を開催。 その後自身のさよなら公演をなんと日本で開催すると言う。 ツアータイトルは「シルヴィ・ギエム ファイナル」で、日程は12月9日(水)~12/30(水)まで9カ所9日間公演となっている。 2011年の東日本大震災の際にはチャリティー公演を敢行したり、これまで数十回にわたり日本で公演を行っている親日家の彼女。 そんな特別な場所である「日本」で、女王の最後のステージを堪能できるこのスペシャルな機会。これは日本だけでなく世界のバレエファンにとっても絶対見逃せない公演となるであろう。

シルヴィ・ギエムが好きな方はこんなチケットもおすすめ