ソードアート・オンライン」は、2009年に電撃文庫より刊行されているライトノベル作品。作者は川原礫(九里史生)、イラストはabecが担当。舞台は2022年、大手電子機器メーカーが「ナーヴギア」という仮想空間への接続機器を開発したことで、世界は遂に完全なるバーチャルリアリティを実現させた。 主人公キリトはこのナーヴギアを使ったVRMMORPG「ソードアート・オンライン」のプレイヤーである。「ソードアート・オンライン」の世界で繰り広げられる数々の難関に主人公たちが立ち向かっていくストーリー。非日常的な世界観にも関わらずどこかリアリティなストーリーから幅広い世代に支持されている。

ソードアートオンラインの日程

74人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ソードアートオンラインの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ソードアートオンラインのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

ソードアート・オンラインについて

ソードアート・オンラインの魅力とは

「ソードアート・オンライン」の舞台は2022年、「ナーヴギア」という仮想空間への接続機器を開発したことで、世界は遂に完全なるバーチャルリアリティを実現。 主人公キリトはこのナーヴギアを使ったVRMMORPG「ソードアート・オンライン」のプレイヤー。運よくベータテスターに選ばれたキリトは、ログイン後に出会ったクラインと共に、SAOの世界を満喫するのであった。 しかし、2人はログイン時には確かに可能だったログアウトができないことに気づく。混乱の後、ゲーム開始地点の広場に転送された2人は、ログインした1万人のプレイヤーと共にゲームマスターから恐るべき託宣を聞かされる。曰く「ログアウトができないのは仕様であり、SAOの舞台『浮遊城アインクラッド』の最上部である第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法である。そしてこのゲームで「死亡」したり、現実世界でナーヴギアを強制的に外したりすれば、そのナーヴギアから高出力マイクロ波を発せられ、脳を破壊されて実際に死ぬことになる」と。

ソードアートオンラインが好きな方はこんなチケットもおすすめ