スウィート・チャリティ」は、ボブ・フォッシーの演出・振付で1966年に初演され、1969年にはシャーリー・マクレーンの主演で映画化もされているヒット作。お人好しで前向きな女の子チャリティが、失恋にもめげずに明るくパワフルに歩き続ける姿を描いたラブ・コメディーだ。今回、上島雪夫を上演台本・演出・振付に迎え、初舞台・初主演・初ミュージカルとなる知英(元KARA)がチャリティ役に挑む。2016年9月23日(金)から10月2日(日)天王洲 銀河劇場で上演。ぜひお楽しみに!

スウィートチャリティの日程

98人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

スウィートチャリティの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スウィートチャリティのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 12:00更新)

「スウィート・チャリティ」 について

「スウィート・チャリティ」は1966年にブロードウェーで初演され、映画にもなったラブコメディー。ニューヨークのダンスホールで働く女性、チャリティの前向きでひたむきな生き方を描いた。日本では71972年の初演を含め、これまで6度上演されている、ミュージカルファンに愛されている作品だ。今回知英(元KARA)が演じるのは主人公チャリティ。ニューヨークのダンスホールで働くチャリティ・ホープ・バレンタインは、お人よしで、男運がない。それでもいつか幸せになれると前向きに生きている。ある時、真面目そうな会計士オスカーと出会ったチャリティは、ダンスホールで働いていると言えず、小さなうそをついてしまう…。演出は上島雪夫氏。これまでの日本上演版では、安奈淳、未唯mie、戸田恵子、島田歌穂、玉置成実がチャリティを演じている。今までとはまた一味違う「チャリティ」を観ることができるだろう。知英(元KARA)ファンも原作ファン、ミュージカルファンは必見だ!

スウィートチャリティが好きな方はこんなチケットもおすすめ