Sweat&Tears失われた藍の色は1978年に初演されたミュージカルである。劇団である東京キッドブラザーズによって演じられたこの作品は初演から評価を受けて、年間演劇ランキング「ぴあテン演劇部門」で1位を獲得した。その後1984年と1985年に再演された。1968年に設立された東京キッドブラザーズは多くの作品を生み出しつつ、海外公演も行ってきたが1999年に活動を停止している。劇団の主宰であり、この作品の原作者である東 由多加は2000年に亡くなっている。2017年に過去の劇団員が集まって作られたSweat&Tears東京キッドブラザーズ44thの手によって再演される。主演俳優は三浦涼介である。

東京キッドブラザースの日程

72人が登録中

現在登録されている公演はありません

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

東京キッドブラザースの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

東京キッドブラザースのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/14 00:00更新)

Sweat&Tears 失なわれた藍の色について

Sweat&Tears 失なわれた藍の色の魅力とは

Sweat&Tears失われた藍の色は酒場「ライムライト」とレビュー小屋の楽屋口がある裏通りの街を舞台にした青春物語である。それぞれに様々な過去を持つ、鉄兵、要助、ジュンの3人の男達を中心に描いている。この作品は初演から読者投票による年間演劇ランキング「ぴあテン演劇部門」で1位を獲得している。そして、東京キッドブラザーズが健在であった時の公演はどれも成功を収めている。1999年に海外公演なども行っていた東京キッドブラザーズは活動休止されてしまった。しかし、時をおいて東京キッドブラザーズの団員が再度集結して、数ある演目の内で選ばれたのがこの作品である。二度と公開されることがないと思われていた為に、今回のことは奇跡の復活と言っていい。2017年公開時の正式なタイトルはSweat&Tears東京キッドブラザーズ44th「失われた藍の色」である。原作は東 由多加、演出・上演台本は長戸勝彦。出演俳優は三浦涼介、三浦幸太、上遠野太洸、小笠原 健、片山陽加、三浦浩一らが名を連ねている。この作品は2017年10月に東京・CBGKシブゲキ!!にて上演される。過去の名作であるこの物語や三浦家の家族共演などに興味を抱いたならば、劇場では実に有益な時間を過ごせるだろう。

東京キッドブラザースが好きな方はこんなチケットもおすすめ