鈴木美潮は、1989年から読売新聞記者として政治部や文化部を担当する新聞記者。テレビやラジオなどのメディアでも活躍し、現在は読売新聞東京本社社長直属教育ネットワーク事務局専門委員などを務めている。特撮ヒーロー番組の大ファンとしても知られ、2003年から自身の主催によるトークライブイベント・340(みしお)プレゼンツを開催。特撮俳優やスーツアクターなど多彩なゲストを迎え、鈴木美潮が司会進行を務める。番組関連のエピソードや撮影裏話、変身ポーズ、主題歌などが披露され、毎回多くのファンで盛り上がるイベントだ。自らを日本特撮党党首と称する彼女がオーガナイズする楽しいトークライブイベントにぜひ参加してほしい。

鈴木美潮の日程

16人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

鈴木美潮の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

鈴木美潮のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/23 18:00更新)

鈴木美潮について

特撮ヒーローイベントの敏腕オーガナイザー、鈴木美潮の魅力とは

読売新聞記者としてジャーナリズムの第一線で働いてきた鈴木美潮。自ら日本特撮党党首を名乗り、特撮ヒーローやアニソンのイベントを企画・開催して多くのファンの注目を集めている。1989年に記者となり、政治部で官邸や外務省を担当後、文化部に異動。日本テレビ系情報番組「イブニングプレス donna」のパーソナリティや情報バラエティー番組「ラジかるッ」のコメンテーターを担当するなどメディア界でも活躍した。

子供の頃に仮面ライダーを見て特撮ヒーローにハマり、以来昭和のライダーから平成のスーパー戦隊まで日本特撮シーンを見続けてきた彼女は、2015年に「昭和特撮文化概論~ヒーローたちの戦いは報われたか~」を上梓。特撮ヒーロー番組に世相がいかに反映されているかを文化的考証を交えながら提示して話題を呼んだ。

2003年に自ら企画するトークライブイベント・340(みしお)プレゼンツを開催。現在もロフトプラスワンとロフト系列店舗で特撮ヒーローをはじめユニークなテーマのトークイベントを精力的に開催。歴代戦隊ヒーローをはじめとしたサプライズゲストが登場するなど、人気を呼んでいる。毎回SOLD OUTの盛況を呈しているトークライブイベント・340プレゼンツに参加してみよう。

鈴木美潮が好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す