鈴木慶一は、1970年にミュージシャンとして活動開始。はちみつぱいムーンライダーズなどのグループ活動を経てソロ活動、音楽プロデューサーなど多彩な活動をおこなうアーティストである。ムーンライダーズは彼の代表的な活動の一つともなり、活動休止が発表されるまでは国内でも高い人気を見せていた。その後ソロとして活動を開始すると2008年に発表された「ヘイト船長とラヴ航海士」が高い評価を獲得。ますますの人気を見せることになる。音楽プロデューサーとしても活動しており、北野武監督の映画「座頭市」を始め北野武映画に多く関わっている。テレビゲーム「MOTHER」の音楽を務めたことでも有名で、その他様々なジャンルの音楽を手掛けている。時には役者として映像作品へと出演する姿も見せており、バラエティに溢れた才能を持ち活動を続けている。

鈴木慶一の日程

18人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

鈴木慶一の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

鈴木慶一のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/24 00:00更新)

鈴木慶一について

鈴木慶一の魅力とは

鈴木慶一とはミュージシャン、音楽プロデューサー、役者と様々な顔を持ち活動をこなすアーティスト。活動開始となる音楽グループはちみつぱい以降、各界でトップクラスの存在感を放ってきた人物であり各ジャンルで代表的な活動が存在している。ムーンライダーズとしては2011年に35周年を迎える人気グループとして数々の活動、作品の発表を行ってきた。グループ以外の音楽活動も積極的におこなわれ、いくつものユニット活動、ソロ活動と業界でもトップクラスの活動を見せる。

ソロとしては日本レコード大賞優秀アルバム賞にも輝く実力を見せている。自身で前線に立つ活動に加え、他アーティストの音楽を手掛けるプロデューサーとしても高い評価を得ており、杏里、原田知世、カーネーションなどの作品を制作している。楽曲提供もまた同時に行っておりアーティストを裏で支える業界の重要な位置に立つ人物として注目を浴びる。テレビドラマ、映画、CMなどにも姿を見せ役者としても活動。自身の出演した作品の音楽を手掛けることもあり、特に映画音楽の分野では過去に日本アカデミー賞最優秀音楽賞に輝くなど功績を残している。広くアーティストとしての豊かな才能を見出している人物で多くの場面に影響を与えている。

鈴木慶一が好きな方はこんなチケットもおすすめ