鈴木拡樹は今をときめくイケメン実力派俳優である。芸能事務所オウサム所属。2007年にテレビドラマ「風魔の小次郎」でデビューを果たす。翌2008年には舞台「最遊記歌劇伝 -Go to the West-」で初主演、その魅力をいかんなく発揮し注目を集めた。以降、舞台を中心として、テレビドラマや映画に出演し評価を高めている。2014年もその勢いはとどまることを知らず、連日のように舞台が目白押しである。「舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The WINNER」、朗読劇「私の頭の中の消しゴム7th letter」「眠れぬ夜のホンキートンクブルースⅡ「舞台 K」などの数々の舞台と、イベントとして「鈴木拡樹ファン感謝トークライブ」に出演する。今後もますます目が離せない。

鈴木拡樹の日程

1,280人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

鈴木拡樹の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

鈴木拡樹のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 12:00更新)

鈴木拡樹について

鈴木拡樹の魅力とは

2007年のデビュー以降、「仮面ライダーディケイド」、舞台「最遊記歌劇伝」などの話題作に続々出演し、その変幻自在な演技に注目度上昇中の鈴木拡樹。2014年には「弱虫ペダル」荒北靖友役を好演し、一気にブレイク。主人公のライバル校の自転車競技部に所属する敵役で「運び屋」と称される長距離巡航力を持つ人物で、やや怪しさのあるキャラ。役どころとしては、かなり不気味で個性的な人物であるが、それを見事に演じた。

鈴木拡樹の綺麗で優しげなルックスと、幅広い役柄を堅実に演じる役者としての実力が人気を呼んでいる理由だ。これまで数々の舞台に出演し、二次元舞台を中心に活躍。舞台俳優としての経験はかなり積んできている鈴木拡樹。演技が難しい時代劇ものも多く演じており、演劇界のなかではその演技力の高さに定評があった。より洗練された大人の役どころをみせてほしいところだ。 そんな人気沸騰中の鈴木拡樹のチケットはますます入手困難。何を差し置いても手に入れたいチケットだ

鈴木拡樹が好きな方はこんなチケットもおすすめ