鈴木えみは「えみちぃ」の愛称で親しまれているモデルだ。1999年に人気ファッション誌「Seventeen」のミスセブンティーンオーディションに合格。同誌専属モデルとしてデビューとなった。その後、「Seventeen」の上位誌にあたる10代後半から20代の女性向けファッション雑誌「PINKY」の専属モデルとなり、アイコンとして創刊号から最終号までの全65回中、42回もの表紙を飾っている。これにより同誌は「鈴木えみに始まり鈴木えみに終わった雑誌」とも言われたほどである。その後も「MORE」や「Sweet」を始めとするファッション誌で大活躍。2017年には8人のメイクアップアーティストが送る実用的なビューティブック「SOMARU」が発売される。

鈴木えみ(えみちぃ)の日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

鈴木えみについて

鈴木えみの魅力とは

人気ファッション誌「Seventeen」や「PINKY」の専属モデルとして知られる人気モデル・鈴木えみ。「esty+」や「MAQUIA」、「Gina」など、雑誌を開けば顔を見ないことはないというほどに活躍する存在だ。

モデルとしてはもちろんのこと、役者として「反乱のボヤージュ」、「ロング・ラブレター〜漂流教室〜」、「ウォーターボーイズ2」などのテレビドラマにも出演。2006年に放送されたドラマ「ギャルサー」では、渋谷最大のサークル「エンゼルハート」の6代目総代表・レミ役を好演した。さらに、ファッションモデル沖樹莉亜とともに音楽ユニット・ジュエミリアを結成。当時一世を風靡したt.A.T.u.の人気曲「ALL THE THINGS SHE SAID」を日本語でカバーし話題となった。2003年にリリースした「リセット」は資生堂マシェリのCMソングに起用されている。

2011年には彼女が編集長を務めるHiカワFashion Book「s'eee」が創刊された。結婚し母になった現在も、自身の妊娠や出産について綴った「s’eee MAMA&BABY」や自身の飼い猫の写真集「ダニョカワイイ s’eee special issue」など、プライベートの彼女が知られる書籍も発表。彼女は誰もが憧れるファッションモデルとして今もなお、人気を博している。

鈴木えみ(えみちぃ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す