涼風真世は、元宝塚歌劇団月組トップスターとして活躍した女優だ。1981年に67期生として宝塚歌劇団に入団し、唯一無二の歌唱力と存在感で「歌の妖精」と称される。彼女は男役でありながらも愛らしいフェミニンさが魅力で、宝塚が誇る逸材として人気を集めてきた。そして瞬く間に宝塚を代表するスターへと駆け上がり、1991年には月組の男役トップスターに抜擢された。1993年に退団して以降も、その卓越した歌唱力と演技力を生かし舞台やドラマに出演している。2016年にはセルフプロデュース・アルバム「Fairy」を発表しており、歌姫として活躍する涼風真世にさらなる注目が集まっている。

涼風真世の日程

76人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

涼風真世の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

涼風真世のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/23 18:00更新)

涼風真世について

涼風真世の魅力とは

涼風真世は、67期生として宝塚歌劇団に入団し「春の踊り」で初舞台を飾った。その後「ミー・アンド・マイガール」「ベルサイユのばら」など多くの話題作に出演。彼女の歌唱力は「宝塚100年の歴史の中でも傑出した歌姫」として絶賛されてきた。こうして数々の舞台で高く評価されてきた彼女は、1991年に月組のトップスターに就任する。そして妖精のようなフェミニンさを兼ね備えた男役として、確固たる地位を築いていった。そして1993年に「グランドホテル」で宝塚歌劇団を退団する。

退団後も彼女はテレビや映画などで活躍し、第33回菊田一夫演劇賞を受賞している。また「マリー・アントワネット」「貴婦人の訪問」等の舞台にも多く出演し、惜しみなく才能を発揮している。さらには声優としてもテレビアニメ「るろうに剣心」緋村剣心役、NHKアニメ劇場「雪の女王」雪の女王役を好演するなど、変幻自在のボーカルを生かし女優だけに限らず多方面で活躍している。2016年には20年ぶりとなるアルバム「Fairy」をリリースし、セルフプロデュースを手掛けた会心の作品として話題を集めた。これからの歌の妖精・涼風真世の活躍に、期待が高まるばかりだ。

涼風真世が好きな方はこんなチケットもおすすめ