スーパー戦隊シリーズとは特撮テレビドラマシリーズである。ウルトラシリーズや仮面ライダーシリーズとともに、およそ40年にわたって放映されている。何らかの目的を持った数名で構成されるチームがヒーローに変身して怪人と戦う物語である。ヒーロー達の変身後の姿はスーツにマスクであり、それぞれ異なる色を使用している。基本的に赤色を施されたヒーローがリーダーである。名乗りやポーズ、必殺技など定番とする設定が多く、安定感のある戦闘シーンが展開される。また、ヒーロー達が操縦する巨大ロボットという発想が画期的であり人気を集めた。1975年の「秘密戦隊ゴレンジャー」から始まるシリーズであり、現在では1年間に1作というペースで新作が作られている。

スーパー戦隊シリーズの日程

620人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スーパー戦隊 魂 VIIIのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 06:00更新)

スーパー戦隊シリーズについて

スーパー戦隊シリーズの魅力とは

今や日本が誇る名作品であるスーパー戦隊シリーズ。ウルトラシリーズや仮面ライダーシリーズとともに当初は子供達に贈る作品として作られていたが、長年のシリーズ放送により大人から子供まで楽しめる作品となった。1つの作品毎にヒーローチームの目的や怪人達の種類は異なっている。東映が制作するこの作品は、複数のヒーローがチームワークを持って戦うことが特色だ。シリーズ第1作目の「秘密戦隊ゴレンジャー」は名乗りやポーズに必殺技などをチームで戦う様が児童層に受け入れられて、視聴率が常時20%を超える大人気番組となり、放送期間も2年に及んだ。戦隊シリーズの更なる火付け役として登場する巨大ロボット。これはマーベル・コミックグループと提携し、マーベルの看板作品の1つ「スパイダーマン」を原作にした「スパイダーマン(東映版)」を作成したことがきっかけであった。「スパイダーマン(東映版)」に東映側が独自に取り入れた、巨大ロボットをヒーローが操縦するという発想が見事に大衆に大きく支持を得ることになった。その発想と複数のヒーローが重なり合うことで現在の戦隊シリーズのスタイルとなったのだ。こんな戦隊シリーズはテレビ番組だけの活躍だけではなく、様々なイベントにも顔を出す。そんな彼らヒーローを見に来てみては如何だろうか?

スーパー戦隊シリーズが好きな方はこんなチケットもおすすめ