Sunrise In My Attache Caseとは4人組ロックバンドのこと。自然を感じ取れる爽やかな曲調が特徴とするサーフバンドというジャンルで活躍している。メンバーはかねてより付き合いのあった仲間たち。共に奈良県出身で、カナダのバンクーバーにて留学していた友人同士で結成された。しかし本格的に活動を始めたのは日本に戻ってからとなる。そして2016年Red Bullが主催するコンテストで300組の中から見事トップに輝きCMソングに抜擢される。作詞作曲を自身でおこなっているのはもちろんのこと、レーベルも自身で旗揚げし、一から自分たちの手で作り上げる音楽にファンは唸りをげている。2017年には全国を回るツアーを敢行し、ライブ活動も精力的に開催している。

Sunrise In My Attache Caseの日程

20人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Sunrise In My Attache Caseの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Sunrise In My Attache Caseのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/19 18:00更新)

Sunrise In My Attache Caseについて

Sunrise In My Attache Caseの魅力とは

Sunrise In My Attache Caseとは関西を拠点に人気を博すサーフロックバンド。活動は主に関西を中心とした国内だが、結成されたのはカナダのバンクーバー。ボーカルKazuyaとギターのMasayoshiの2人でバンクーバーへ留学したことをきっかけとする。その後日本へ帰り地元の仲間であるベースのTakashiとドラムのNaokiを加えた4人で2013年から本格的に活動を始める。自主レーベルを旗揚げしており、そのレーベル名とバンド名に「sunset」「sunrise」が入っていることも特徴の一つ。あるインタビューでそのキーワードの重要さを語っており、1日1日を大切にするという信条を持って活動している。

結成当初からある事務所に所属することを選ばず自分たちでレーベルを立ち上げるのは、自由な音楽作りを務めたいとするものであり、その音楽性などにもその気持ちは色濃く現れている。日本だけではないバンクーバーという異国の地を経験したことによる彼らなりの表現方法で着実にファンを増やす。彼ら自身もまたかつてのバンクーバーの地を想い曲を作っているという。サーフロックバンドとしてどこか心地良いメロウと力強い音を掛け合わせた新進気鋭のロックバンドSunrise In My Attache Caseに注目だ。

Sunrise In My Attache Caseが好きな方はこんなチケットもおすすめ