スガシカオとはシンガーソングライターを始めとする音楽活動で日本の音楽界を賑わせてきたアーティストである。1995年から活動を開始、ハスキーな歌声とポップなサウンドが多くの人の心を掴み音楽ファンに留まらず様々な場面で活躍を見せてきた。自身のメジャーデビューは1997年、その頃既に大きな注目を浴びていた彼は翌年に人気アイドルグループSMAPの楽曲の作詞を担当、「夜空ノムコウ」は瞬く間に大ヒットを記録し同時に彼の名前も大きく知れ渡ることになる。それからは飛ぶ鳥を落とす勢いで音楽界を躍進、自身の音楽活動から楽曲提供など、業界内外から大きな注目を集める存在となる。紅白への出演も果たしており、国内の音楽シーンでは非常に高い影響力を持つ。国民的アーティストとしての地位を確立している。

スガシカオの日程

1,534人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

ボトムライン他2会場

中野サンプラザ

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スガシカオのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 18:00更新)

スガシカオについて

スガシカオの魅力とは

スガシカオとはシンガーソングライターであり音楽プロデューサーでもある国民的アーティスト。楽曲制作において非常に高い実力を持っており、1998年にSMAPが発表し大ヒットした「夜空ノムコウ」の作詞を務め、本作は後に学校の音楽の教科書にも掲載されるほどの影響力を見せている。ソロとしての活動から楽曲提供、そしてユニットを組んでの活動など音楽活動においては多岐に渡る活動を行なっている。特徴的なのは決してずば抜けた高さではないその歌唱力、ハスキーボイスで癖のある歌声が作る世界はどこか懐かしさを感じさせる。そこにポップなサウンドが加わることで彼の世界観が構築される。また2006年にはSMAPに引き続きジャニーズからKAT-TUNの「Real Face」の作詞を手掛けたことでも話題となる。音楽性もさることながら普段からサングラスを常用している彼のファッションもまた話題に上がることが多い。それに加えスガシカオという名前もまたあまり聞かない名前であり、その素性は謎に包まれた存在である。実際はスガシカオは本名であることが分かっており、漢字では菅止戈男と書く珍しい名前である。独創的な彼の手掛ける音楽には多くのファンが存在し、彼自身に影響を受けた作品も多く登場する。小説家村上春樹もまたその1人であり、スガシカオの力の強さを物語っている。

スガシカオが好きな方はこんなチケットもおすすめ