スガダイローは、ジャズピアニストである。1974年3月19日生まれの神奈川県鎌倉市出身である。幼少期よりクラシックピアノに触れ育ち、生物学者を目指すも断念し、ピアニストに転向した経緯を持つ。洗足学園短期大学ジャズコースに第1期生として入学し、山下洋輔に師事し、卒業後はバークリー音楽大学に4年間留学した。2011年10月に「スガダイローの肖像・弐」をポニーキャニオンからリリースしメジャーデビューを果たす。以降、ジャズピアニストとして数々の作品を発表する中で、2015年7月公演の戯曲「ペール・ギュント」にて総合音楽監督を担当し好評を博した。その他、小説家の「夢枕獏」とコラボレーション作品を発表するなど、新世紀のジャズを表現し続けている。

スガダイローの日程

11人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スガダイローのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/28 00:00更新)

スガダイローについて

スガダイローの魅力とは

スガダイローは、フリーのジャズピアニストである。ジャズの名門 洗足学園で日本で初となるジャズコースに第1期生として入学し山下洋輔に師事した。卒業後は世界的なジャズの高等教育機関バークリー音楽大学に4年間留学しジャズを学んだ。帰国後は様々なアーティストとコラボレーションを行いながら、即興セッションを行うなど活動を続けた。特にライフワークのように開催しているライブが、ジャンルを問わず幾多のミュージシャンと即興演奏を行う「対決」シリーズで知られている。中でも業務用ミシンを操作するファッションデザイナーやバスケットボールプレイヤーとの対決、おまけに花火大会の花火との対決まで行なっている。もちろん楽曲のリリースも行なっており、2011年10月に「スガダイローの肖像・弐」にてメジャーデビューを果たしている。また、2013年には星野源のシングル「地獄でなぜ悪い」にも参加し、スガダイローの奏でる音色を記憶している人も少なくない。その他、戯曲や舞台公演での総合音楽監督を務めたり、小説家の「夢枕獏」とコラボレーションなど、表現者として活躍を続けている注目のアーティストの1人であることは間違いない。今後も様々なアーティストとどのような対決を行うのか楽しみである。

スガダイローが好きな方はこんなチケットもおすすめ