須田祥子は日本のヴィオラ奏者である。6歳の頃から楽器の演奏を始めたがその頃演奏していたのはヴィオラではなくバイオリンだった。桐朋学園大学在学中にヴィオラに転向し、同大学を首席で卒業している。卒業後はソリストとして国内の数多くのオーケストラに首席で客演するなど、その実力は高く評価されており現在は東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者も務めている。また、槇原敬之の「ビオラが歌う」をまさにヴィオラで演奏した曲を含むCD「ビオラが歌う」をリリースするなど、ヴィオラをより広く世に広めるための活動も積極的に行っている。須田祥子はヴィオラを扱わせたらまさに並ぶ人なし、という評価を受けているヴィオラの魔術師なのである。

須田祥子の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

須田祥子の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

須田祥子のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 06:00更新)

須田祥子について

ヴィオラの魔術師、須田祥子とは

須田祥子は日本を代表するヴィオラ奏者である。6歳よりヴァイオリンを演奏し始め、桐朋学園大学在学中にヴィオラに転向して同大学を首席で卒業している。これまでにヴァイオリンを室谷高廣、室内楽を名倉淑子、ヴィオラと室内楽を岡田伸夫らに師事しており、現在日本のトップヴィオラ奏者の1人として広く名を知られている。

現在は東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者であり、洗足学園大学非常勤講師なども務めているが、ソリストとして国内の数多くのオーケストラに首席で客演する機会も多い。国際コンクールを含む数多くのコンクールで何度も優勝したり、皇居内御前演奏会にて演奏した経験を持つなど確固たる経歴を持つ須田であるが、ヴィオラの魅力を世に広めるための活動も精力的に行っている。

2016年には報道ステーションの中継で極寒の長野からヴィオラの生演奏も行った。槇原敬之の「ビオラは歌う」をヴィオラで演奏したCD「ビオラは歌う」は大好評を博し、2016年には「ビオラは歌う2」をリリースしている。
ヴィオラの持つ力強くも繊細な音色の魅力を最大限に引き出す彼女の演奏は「音色を大事に舌艶のある演奏」として、国内外で非常に高い評価を得ている。

須田祥子が好きな方はこんなチケットもおすすめ