J-WAVE the Chris Peppler Show JAM-O-RAMA取扱中!Suchmos(サチモス)は、今最も熱い視線が注がれるバンドのひとつだ。現在YONCE(Vo.)、HSU(Ba.)、OK(Dr.)、TAIKING(Gt.)、DJ KCEE、TAIHEI(Ky.)の6人グループで活動している。メンバー全員が神奈川県出身で、地元の洗練された空気感と相まっている独特のチルアウト感と、爽やかで心地の良いジャズやソウルのテイストが人気の理由だ。そして彼らのパフォーマンスは、瞬く間に音楽好きの心をとらえ、出演するライブは常にチケット完売となる。2017年にはジャンルレスな挑戦作となった、アルバム「THE KIDS」をリリースした。同年3月からは新作アルバムを引っさげて「Suchmos TOUR THE KIDS」が敢行される。

J-WAVE the Chris Peppler Show JAM-O-RAMA

5,947人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Suchmosの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Suchmosのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 18:00更新)

Suchmosについて

Suchmosの魅力とは

Suchmosは2013年に神奈川県で結成されたバンドだ。バンド名の由来は、ジャズの王様ルイ・アームストロングの愛称「サッチモ」から来ているという。Suchmosは2015年4月にシングル「Essence」でデビューを果たした。2016年1月には2nd E.P.「LOVE&VICE」がiTunes総合アルバムチャートで1位を獲得し、波に乗るロックグループとして話題を博す。さらに同年10月に行われた初ワンマンツアー「TOUR MINT CONDITION」は、全公演がソールドアウトしている。

彼らのバンドサウンドには、ジャズ、ヒップホップ、ロック、ソウル音楽が落とし込まれており、そこにハイスペックな演奏技術が相まって、モダンでクールな世界観が創り上げられている。彼らが曲作りをする際には、地元感やクラブミュージック感などを意識したことがないそうだ。しかし、それでも潮の香りや心地よい気だるさが感じられるのは、きっと生まれ育った環境から自然とにじみ出てきているのだろう。そして売れるとか売れないとか世の中がどうとか関係なく、ただ自分たちがカッコイイと思うものを作っているだけという気持ちが人々の心に刺さることは確かだ。

Suchmos(サチモス)が好きな方はこんなチケットもおすすめ