STRAYDOGは、映画やテレビドラマで脚本・監督を務める森岡利行が主宰する劇団だ。1993年に旗揚げされ、自身が書き下ろした「暗闇のレクイエム」で鮮烈なデビューを飾る。本公演をはじめ、プロデュース公演、新人俳優を中心にしたSeedling 公演、毎年1月のファン感謝祭ライブなど1年を通して多彩な活動を展開し、多くの演劇ファンを惹きつけている。2017年8月には、大ヒット映画「この世界の片隅に」の原作者としても知られる漫画家こうの史代の代表作「夕凪の街 桜の国」を初めて舞台化。原爆投下から10年後の昭和30年と現代を生きる2人の女性のはかなくも静謐な物語が、ヒロシマを知らない世代の共感と感動を呼んだ。シリアス劇からコメディまでSTRAYDOGの刺激と感動に満ちた舞台を楽しんでほしい。

STRAYDOGの日程

11人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

STRAYDOGの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

STRAYDOGのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/20 12:00更新)

STRAYDOGについて

STRAYDOGの魅力とは

STRAYDOGは映画「問題のない私たち」「子猫の涙」などを手がけ、監督・脚本家として注目を集める森岡利行が、1993年に立ち上げた劇団である。デビュー作「暗闇のレクイエム」でバイオレンス感溢れるヒューマンドラマを上演し、大きな話題を呼んだ。結成当初は東京を拠点に活動し、「悲しき天使」「路地裏の優しい猫」「心は孤独なアトム」など、ドラマッチックかつユーモアに富んだ人間の喪失と再生の物語を次々と上演。演劇ファンの心を鷲掴みにした。その後も、定期的に開催される本公演のほか、プロデュース公演や番外公演、大阪で活動するチームによるOSAKA公演、オーディションから選ばれた新人俳優を中心としたSeedling 公演など、精力的な活動を行っている。映画と舞台の融合にも力を入れており、2004年に黒川芽以、沢尻エリカが出演した映画「問題のない私たち」を舞台化し、2011年から毎年キャストを入れ替えて上演。2009年に深津絵里主演でヒットした映画「女の子ものがたり」も、2011年の本公演をはじめ毎年上演される代表作の一つになっている。2017年3月には吉田秋生の原作「海街diary」を初上演し、海の見える街に暮らす姉妹たちの心温まる家族の絆を描き、観客から絶賛を浴びた。深い視点の人間ドラマだけでなく、ダンスや歌を織り交ぜたコミカルな演出も見どころのSTRAYDOGの公演に足を運んでみよう。

STRAYDOGが好きな方はこんなチケットもおすすめ