STEREO JAPAN(ステレオジャパン)は日本のアイドルグループ。最初に発足したのはステレオ東京。後にStereo Tokyoに改名し、同時にEDM路線へと転向する。次にステレオ大阪(Stereo Osaka)が発足するも、路線の相違によりEdge Dub Monkeyzに改名しSTEREO JAPANから離脱をする。Stereo Fukuokaが発足しCDを1万枚売りStereo Tokyoを解散させ吸収合併することを宣言し両グループは切磋琢磨し合っている。 STEREO JAPANの楽曲はEDMの要素をJ-POPに取り入れたサウンドが特徴。EDMの様式美として「BPM128」や「ビルドアップからのドロップ」、「サビには歌がない」を鉄則として掲げ、忠実にトレースしている。

STEREO TOKYOの日程

6人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

STEREO TOKYOの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

STEREO TOKYOのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 06:00更新)

STEREO JAPANについて

STEREO JAPANの魅力とは

2015年4月に本格始動したStereo Tokyoはいま世界で最も主流のダンスミュージック、EDMを本格的に取り入れたアイドルグループ。その最もな特徴は、かわいいこと。そしてクラブなこと。
ファンの総称は「パリピ」であったが、「オタク」に変更されるユニークな経歴を持つ。
そんなオタクたちはStereo Tokyoが好きだということは前提の上で、EDMというサウンド自体を愛する層が多い。
Stereo Tokyoのライブはもちろんメンバーのパフォーマンスも最高であるが、オタクが支える部分も大きい。
ルミトン棒やハンディミラーボールなど光り物に加え、花吹雪にクラッカー、さらにはビニールプールに国旗など本場EDMフェスさながらのアイテムを持ちこむ。そして魔法の言葉「パーティーピーポー!」がフロアに轟く。
現場の盛り上がり、そして盛り上がりを引き出すStereo Tokyoはかわいいだけのアイドルではない。解散をかけたフルマラソンを企画し、後発グループのStereo Fukuokaが解散させるための案を練ったりとグループ同士の関係にも注目。
「アイドル」を武器にSTEREOプロジェクトはEDMの間口を広げていくことに挑戦し続ける。

STEREO TOKYOが好きな方はこんなチケットもおすすめ