スタンリージョーダンはアメリカのジャズギタリストだ。幼い頃からピアノやギターに触れていたスタンリーはロックを始め、ジャズにも傾倒することとなった。僅か13歳の時に今やスタンリーの代名詞ともなっている独自の「タッピング奏法」を編み出した。このタッピング奏法とは指板の弦を指で叩きつけ、横に弾いたりして音を出す奏法だ。トリル奏法を拡張し、ハンマリングとプリングを両手で行う「両手タッピング」は存在は古くからあるものの、そのスペシャリストであるスタンリージョーダンが使用し、広く知られたと言われている。2017年には日本公演「STANLEY JORDAN solo 」が決定し、この超絶技巧「両手タッピング奏法」を目の当たりに出来るチャンスとなっている。

スタンリージョーダンの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

スタンリージョーダンについて

スタンリージョーダンの魅力とは

アメリカのジャズギタリスト スタンリージョーダン。幼い頃から楽器に触れていた彼は、僅か13歳の時に今やスタンリーの代名詞ともなっている独自の「タッピング奏法」を編み出した。このタッピング奏法とは指板の弦を指で叩きつけ、横に弾いたりして音を出す奏法だ。エディ・ヴァン・ヘイレンで有名になったライトハンド奏法と混同されがちなタッピング奏法であるが、スタンリージョーダンは「両手タッピング」のスペシャリストとして広く知られているギタリストだ。大学進学後はストリートミュージシャンをしながら、自主制作の「Touch Sensitive」をリリース。
その後、1985年にはブルーノートレーベル契約第1弾アーティストとして「Magic Touch」でデビューを飾った。2本のギターを同時に演奏するなど、数々の特殊プレイを披露し、一躍有名ギタリストとして注目を集めたスタンリージョーダン。一見すると大道芸にもなりがちな特殊奏法であるが彼のギターへ向き合う信念が、多くのギタリストの尊敬を集め、唯一無二の存在となっている。2017年には日本公演「STANLEY JORDAN solo」を開催。この超絶技巧は是非実際に観て見たい。

スタンリージョーダンが好きな方はこんなチケットもおすすめ