映画の公開初日などに、その映画の監督や出演者が舞台に立ち、観客へ挨拶をおこなう舞台挨拶は、お目当ての男優や女優、タレントを生で見ることができ、映画も楽しめる一度に二度美味しいイベントです。舞台挨拶によっては、観客から質問を募り、登壇者が回答する「ティーチイン」がおこなわれ、出演者とのコミュニケーションがとれるチャンスがめぐってくる可能性があるかも!監督や出演者の作品への情熱に触れることで、さらに映画を楽しむこともできるとあって人気があります。舞台挨拶に参加してプレミアムな時間を楽しみましょう!

あ〜お

  • 「あゝ、荒野」は、菅田将暉とヤン・イクチュンをW主演に起用し、故寺山修司の長編小説を原作とした映画作品である。監督は映画「二重生活」の岸 義幸が務める。作品の舞台は東京オリンピック後の近未来である、2021年の新宿。菅田…

  • 「アイ インザ スカイ(世界一安全な戦場)」は2015年にイギリスで制作された映画である。現在軍事行動のメインになりつつあるドローン。戦場から遠く離れた地で遠隔操作し、監視、攻撃をしている。そんなドローンの作戦に関わる人…

  • 15年以上に渡って、テレビ朝日系で放送されている人気テレビドラマシリーズ「相棒」の最新作が「相棒 -劇場版Ⅳ-首都クライシス 特命係 最後の決断」だ。相棒では、代々寺脇康文演じる亀山 薫、及川光博演じる神戸 尊、成宮寛貴…

  • 「青空エール」は、ひたむきに夢を追い続ける2人の青春映画である。「青空エール」の原作となるのは「高校デビュー」「俺物語!!」を手がけた河原和音による漫画作品だ。この人気作品のヒロイン・小野つばさ役には「orange オレ…

  • 「アクセルワールド」は電撃文庫の中で累計発行部数1000万部を史上最速で達成してことも知られる小説家・川原 礫のライトノベルである。2009年から刊行され、第15回電撃小説大賞にて大賞を受賞。小説投稿サイト「Arcadi…

  • 「アサシンクリード」はユービーアイソフトモントリオール・スタジオが発売したゲームが原作のSFアクション映画である。主人公のカラム・リンチを演じるのは「プロメテウス」、「エイリアン: コヴェナント」、「悪の法則」でリドリー…

  • 作中で「高校部活界のアメリカンドリーム」と呼ばれている「薙刀」を題材にした漫画がこの「あさひなぐ」だ。競技人口のマイナー競技であるため素人でも全国レベルの選手になることができ、まるでアメリカンドリームのようなスポーツ「薙…

  • 「あしたは最高のはじまり」とは、2017年公開のオマール・シー主演のフランス映画。突如父親となった男性と母に捨てられ、彼のもとですくすくと育つ少女。2人の笑いと涙に溢れる姿を描いた物語だ。主演を務めるのは、近年ハリウッド…

  • 明日にかける橋とは、鈴木杏主演、静岡県の袋井市を舞台とした2018年公開の映画作品。20年以上の歴史を持つ静岡県袋井市の「ふくろい花火大会」をモチーフに、現代と過去を繋ぐ家族の物語を描いた作品として製作が発表された。これ…

  • 「アズミ・ハルコは行方不明」は山内マリコ原作の小説。蒼井 優主演で映画化が決定!2016年12月全国で公開予定だ。監督は「アフロ田中」などを手掛けた松居大悟が務める。寂れた国道沿いの街を舞台に、蒼井 優が演じるOLの安曇…

  • アトミックブロンドとは2017年に日本で公開されるアメリカ製作のアクション映画。冷戦状態のドイツを舞台に女性スパイがある事件に立ち向かう本格アクション満載のスパイ映画である。キアヌ・リーブス最高傑作の呼び声も高い映画「ジ…

全国舞台挨拶情報

一度に二度楽しめる!舞台挨拶の魅力とは

「舞台挨拶」は映画が劇場で公開する際に、監督や出演者が観客に対して挨拶を行うものだ。上映前に行われるこの「舞台挨拶」は、映画に込められた想いを知る機会でもある。ひとつの映画作品を作り上げるのにかかる時間は、並大抵のものではない。そのため「舞台挨拶」は制作側の想いに触れることのできる、数少ないチャンスだと言えるだろう。

また豪華俳優陣によるトークや、息のあった掛け合いも醍醐味だ。もしかすると登壇者から、舞台挨拶だからこそ聞ける赤裸々な本音や撮影時の裏話を聞くことができるかもしれない。そして映画の中で見る姿とは違う、出演者の一面を見れるのもファンには嬉しい限りである。出演者はもちろん、舞台挨拶を進行する司会者にも注目したいところ。著名な映画パーソナリティやシネマアナリスト、テレビ局アナウンサーなど、豪華な面々が司会を務めることが多いため、「舞台挨拶」はどこを取っても楽しめると言っても過言ではない。舞台挨拶の時間は大体15分から20分くらいで、マスコミが撮影に入る場合には企画やフォト撮影があることも。さらには観客から質問を集う「ティーチイン」が行われる場合もあり、映画や出演者のファンにとって「舞台挨拶」とは夢のようなイベントだと言えるだろう。