松本山雅FC「緑の勇者」のユニフォーム2015年は初のボーダー柄で挑む!

2015年に初めてJ1リーグに参戦する松本山雅FC。緑色のユニフォームは、かつての読売クラブ、現在の東京ヴェルディへの憧れからです。 東京ヴェルディのユニフォームに比べると、2013年以降の松本山雅FCのユニフォームは濃い緑色なので、見分けはつきやすくなったでしょう。

2015年に初めてJ1リーグに参戦する松本山雅FC。緑色のユニフォームは、かつての読売クラブ、現在の東京ヴェルディへの憧れからです。

東京ヴェルディのユニフォームに比べると、2013年以降の松本山雅FCのユニフォームは濃い緑色なので、見分けはつきやすくなったでしょう。

松本山雅FCホームスタジアムのアルウィンは、背番号12のユニフォームを着用するサポーターが多いです。それだけ、熱く戦っている証拠ですよね。声援の大きさは、J1チームの他のサポーターの間でもすでに話題ですし、脅威になるはずです。

松本山雅FCのユニフォーム、2015年は初のボーター柄で新境地!

松本山雅FCユニフォームサプライヤーはadidasです。毎年洗練されたシックなユニフォームをデザインしていますが、2015年は洗練に加え、ディティールにひねりを入れて新鮮なものに変化しました。

松本山雅FCのデザインでは史上初めて、ボーダー柄が採用されました。しかも大胆な太いボーダーですよね。

松本山雅FCはadidasのユニフォームになって5年目ですが、かつて、「アウェーの白いユニフォームはレアル・マドリード!?」と突っ込まれるようなシンプルなデザインが印象的でしたよね。しかし、柄を加えるなど、年々趣きが変わってきました。adidasも松本山雅FCと同様、いろいろ挑戦をしているのですね。

躍動の2014年、松本山雅FCは日本アルプスを背負ったユニフォームで

J2リーグ2位に入り、自動昇格の形で初めてのJ1昇格を決めた2014年。松本山雅FCにとって、ユニフォームの歴史においても大きな飛躍を遂げました。

adidasがユニフォームサプライヤーからオフィシャルパートナー(スポンサー)に変わったのです。スポンサーということは、松本山雅FCにお金を出してユニフォームを提供するということです。

2014年ユニフォームは前面真ん中に縦に太い3本線が入っています。飛騨、木曽、赤石の日本アルプスとadidasの3本線が見事融合していますね。そして、空から見た日本アルプスのような雄大な背景の柄が特徴です。

功労者の一人、2014年に加入した田中隼磨は松本市出身。かつて東京ヴェルディにも在籍していた田中、緑のユニフォームはやはり似合いますね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。