高橋大輔も出演決定!クリスマスオンアイス2016会場情報

2016年12月16日(金)~12月18日(日)の間、神奈川県の新横浜で開催されるフィギィアスケートの祭典、「クリスマスオンアイス2016」。ここでは、出演者情報や会場の情報を簡単にご紹介したいと思います。

2016年12月16日(金)~12月18日(日)の間、神奈川県の新横浜で開催されるフィギィアスケートの祭典、「クリスマスオンアイス2016」

2006年に荒川静香プロデュースによってスタートした、トップフィギュアスケーターによる夢のショー「クリスマスオンアイス」。数年間の休止期間を経て、2014年に高橋大輔が中心となり再始動し、現在にいたっています。国内外のスケーターや、一流のゲストアーティストが出演する豪華なアイスショーです。

2016年も、フィギュアスケート競技のグランプリファイナル終了から5日後と、一息ついたところでの開催スケジュールとなります。早くも年末が待ち遠しくなってきましたね。ここでは、出演者情報や会場の情報を簡単にご紹介したいと思います。

クリスマスオンアイス2016、出演者は?

クリスマスオンアイス2016で、あなたの好きなスケーターは見られるのでしょうか。昨年は、髙橋大輔や鈴木明子、海外からは、ブライアン・ジュベール、ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェなど、ご豪華なメンバーが顔を揃えました。

真っ先にご紹介すべきなのは、もちろん高橋大輔。世界選手権優勝、全日本選手権優勝を経験するスターフィギュアスケーターです。表現力豊かなその演技は、世界中に人々を魅了しました。現在のクリスマスオンアイスの中心をになっている人物です。

続いて、元全日本チャンピオンである鈴木明子。20代半ばにさしかかってから、初の全日本選手権表彰台を経験したという遅咲きの人気スケーターです。

海外からは、5人のスケーターの出演が発表されています。まず、2014年から毎回出演しているイリヤ・クーリック。長野オリンピックで優勝したロシア人選手ですが、長身金髪の王子様のようなルックスは日本で絶大な人気を誇りました。続いて、スイスのステファン・ランビエル。世界選手権、グランプリファイナルともに2回ずつ優勝を飾った、2000年代最大のトップスケーターのひとりです。

3人目にご紹介するのは、フランスのブライアン・ジュベール。4回転ジャンプを武器に活躍した2007年世界選手権王者です。彼もまた、2014年から毎回出演しています。他、ロシアのエラッジ・バルデ、ラトビアのデニス・ヴァシリエフスが出演します。

ゲストアーティストには、2015年に引き続きクリス・ハートとグローリー・ゴスペル・シンガーズが決定しています。クリス・ハートはアメリカ出身のシンガーで、今年の4月に初の日本武道館公演を成功させました。

クリスマスオンアイス2016:会場の料金、アクセスは?

クリスマスオンアイス2015は、大阪・なみはやドームと、横浜・新横浜スケートセンターの2会場での開催でしたが、2016年は、2014年同様新横浜スケートセンターのみの開催となります。です。プリンスアイスワールドや、ドリームオンアイス、フレンズオンアイスなどでもおなじみの場所ですね。

運営は、プリンスホテルを経営している西武グループで、新幹線・JR横浜線・市営地下鉄の新横浜駅から徒歩5分ととてもアクセスの良い場所にあります。

まず、詳しい公演日程は下記になります。

2016年12月16日(金)2公演:1公演目:開場13:00 開演14:00/2公演目:開場 17:30 開演18:30
2016年12月17日(土)2公演:1公演目:開場11:30 開演12:30/2公演目:開場16:00 開演17:00
2016年12月18日(日)2公演:1公演目:開場11:30 開演12:30/2公演目:開場16:00 開演17:00
(引用:クリスマスオンアイス2016)

横浜会場の料金は全席指定・税込で、次のとおりです。平日と土日で金額が変わりますのでご注意ください。

平日料金(12月16日(金)2公演)
スーパーアリーナ席:¥23,000-
アリーナ席:¥18,000
SS席:¥16,000
S席:¥11,000
A席:¥8,000
車いす席:¥16,000
週末料金(12月17日(土)2公演、18日(日)12:30公演)
スーパーアリーナ席:¥25,000-
アリーナ席:¥19,000
SS席:¥17,000
S席:¥12,000
A席:¥9,000
車いす席:¥17,000
最終公演料金(12月18日(日)17:00公演)
スーパーアリーナ席:¥28,000-
アリーナ席:¥20,000
SS席:¥18,000
S席:¥13,000
A席:¥10,000
車いす席:¥18,000
(引用:クリスマスオンアイス2016)

公式サイトの情報では、収容人数は以下のとおりです。

収容人員 2,500名
(固定席 1,406名 立見1,094名)
(引用:新横浜スケートセンター)

座席に関してですが、1階席、2階席、3階席に分かれています。リンクまでの距離によって見やすい席や見づらい席がありますので、券種がそのまま座席の階数にあてはまるわけではありません。詳しい座席開設は、「クリスマスオンアイス2016」オフィシャルHP(http://www.xmasonice.com/)チケットページをご参照ください。

クリスマスオンアイスの他のオススメ記事

クリスマスオンアイス2016で、すてきなクリスマスを!

クリスマスオンアイス2015年は、土日、祝日を使って横浜と大阪での開催でしたが、2016年は金・土・日を使って、横浜のみでの開催になります。世界の一流アーティストたちが、競技という場を離れてリラックスした雰囲気で、最高の演技を見せてくれるアイスショー。そのなかでも、クリスマスオンアイスはクリスマス前という抜群の雰囲気が人気で、毎回大好評を博しています。

2015年の千秋楽には、高橋大輔と親交のあるアコーディオニストcobaと高橋大輔のコラボが実現するサプライズがありました。高橋大輔が2010年に世界選手権金メダルをとったSP「eye」を披露したのです。「クリスマスオンアイス2016」年の千秋楽でも、なにかサプライズがあるかもしれませんね。クリスマス前のスペシャルイベント、要チェックです。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。