WWEと新日本プロレスの違いとは?WWE大阪公演もチェック!

世界規模で大勢のファンがいるWWEは新日本プロレスのような日本のプロレスとは違う「ショープロレス」で、ドラマチックなストーリーのある大迫力の試合を見ることが出来るエンターテイメントです。WWEは9月には大阪来日公演が決定し、中邑真輔選手など多くの人気選手たちの出場が決定しています。本記事では新日本プロレスとWWEの違いや9月に開催されるWWE大阪公演についてお届けします。

WWEと新日本プロレスの違いをご紹介!


世界150ヶ国以上で放映され10億人を超えるファンがいるとも言われているWWE。ドラマチックなストーリー仕立てのプロレスは老若男女誰でも楽しむことができ、世界中で人気のエンターテイメントです。

WWEは「ショープロレス」の部類に入り、新日本プロレスのような日本のプロレスとは違った特長や魅力があります。そのため6月30日・7月1日の新日本プロレスの初のアメリカ単独興行には多くの現地プロレスファンが集まり、WWEのプロレスとは違う日本のプロレスに魅了されました。

WWEと日本のプロレスとの違いがよくわからないという方、一度WWEと日本のプロレスの違いを知ってみませんか?今回は、WWEと新日本プロレスの違いのまとめや9月に来日するWWE大阪公演についてお届けします。

WWEと新日本プロレスの違いとは?

それでは、WWEと新日本プロレスの違いを一つずつ挙げていきましょう。

ワールドワイドな規模

新日本プロレスとWWEの大きな違いの一つが「規模」。新日本プロレスが日本国内を中心とした視聴者なのに対してWWEは世界170ヶ国以上・30言語以上でテレビ放送され、世界中に10億人を越える視聴者がいると言われています。まさにワールドワイドなエンターテイメントと言えるでしょう。

近年では新日本プロレスも単独でのアメリカ公演を行い、現地のファンから大盛況を浴びるなど世界にその人気が広まる余地はあります。今後の新日本プロレスの海外展開にも注目です!

台本に沿った「エンターテイメント」


日本のプロレスとアメリカのプロレスの大きな違いは「台本」。WWEでは対戦カードごとにドラマチックな「ストーリー」が作られており、それに沿って善玉レスラーと悪役レスラーが戦います。

始まる前に既に試合の流れや勝敗などが決定されており、プロレスラーたちはそれに沿って戦います。言ってみればWWEはプロレスラーを役者にプロレスで演技をする「演劇」とも言えるかもしれません。台本が決まっているから面白くないということはなく、台本に沿いながら大迫力の戦いを見せるレスラーたちが揃っていて見応え抜群です。

一方で新日本プロレスなどの日本のプロレスはあまりそういった「台本」がない真剣勝負の要素があります。ストーリー仕掛けのエンターテイメントなWWE、真剣勝負のスポーツの新日本プロレスとどちらも違った面白さがあると言えるでしょう。

「キャラクター」を演じる


WWEでは「台本」があるのと同時にプロレスラーたちは「キャラクター」を演じています。これはファンたちに選手を強く印象付けるためであり、試合の「ストーリー」をより魅力的なものにするためです。

新日本プロレスなどの日本のプロレスも多少はキャラクターを演じるところはありますが、キャラクターを強制されることもあるWWEほどではありません。新日本プロレスはどちらかと言うと選手本来のキャラクターに近いといえるでしょう。

近年はファミリー向け路線

WWEは近年レーティングを下げるなどファミリー向けに転向し、一部の攻撃技が規制されたり流血が抑えられたりといった配慮がなされています。こうしたことで若年層や女性など幅広い人気を得たため、アメリカでは日本より遥かに多くのライトなプロレスファンがいます。

比較すると日本のプロレスは「ハードヒット」スタイルと呼ばれ、手加減をあまりしない過激な路線とも言われています。日本のプロレスに比べると多少物足りないと思うプロレスファンもいるかもしれませんが、流血が苦手な方やプロレス初心者に勧めるならWWEのプロレスの方が良いかもしれません。


新日本プロレスなど日本のハードなプロレスに比べ、誰でも気軽に見られて面白い「ショープロレス」のWWE。どちらも違った魅力があり、別方向のエンターテイメントだと言えるでしょう。

プロレス初心者でも楽しめる!WWEの大阪公演を見に行こう!


ここまでまとめて挙げてきたように新日本プロレスのような日本のプロレスとは様々な違いがあるWWE。エンターテイメント性の強い試合は世界で幅広くファンが居るほどの人気です。そんなWWEですが、9月に大阪で来日公演が開催されます!WWEに少し興味が湧いた方のために、ここからはWWEの来日公演「WWE Live Osaka」の概要や日程、会場などの情報をお届けします。

「WWE Live Osaka」開催概要

  • 日程 2017年9月16日(土)
  • 時間 開場12時、開演13時
  • 会場 エディオンアリーナ大阪

出場選手

  • 中邑真輔
  • ランディ・オートン
  • AJスタイルズ
  • ケビン・オーエンズ
  • バロン・コービン
  • ジンダー・マハル
  • シャーロット・フレアー
  • ナオミ
  • ベッキー・リンチ

会場情報

  • エディオンアリーナ大阪
  • 住所:大阪府大阪市浪速区難波中3-4−36
  • 電話番号:06-6631-0121

会場となるエディオンアリーナ大阪はかつては大阪府立体育会館と呼ばれていた場所で、バレーボールやボクシング、プロレスなどの会場としてよく使われています。

最寄り駅は大阪市営地下鉄の御堂筋線・四つ橋線・千日前線「難波駅」で、徒歩5分ほどでアクセス可能です。他、南海本線の難波駅、近鉄難波線の難波駅、JR難波駅からも徒歩5~10分ほどで会場まで行くことが出来ます。

駐車場はありますが40台程度と駐車台数が少なく、料金も1時間500円、その後は30分ごと250円で最大料金がないため、周辺の他の有料駐車場の利用も選択肢に入れておいた方が良いかもしれません。

今回のWWEの大阪公演は中邑真輔選手やAJスタイルズ選手など人気選手が来るということでかなりの注目を浴びています。WWEは初心者でも楽しめるプロレスエンターテイメント、ぜひ初めてのプロレス観戦という方も一度見に行ってはいかがでしょうか?

日本のプロレスとは一味違うWWEを見に行こう!


【画像:写真AC
今回は新日本プロレスとWWEの違いのまとめやWWE大阪公演の日程・概要・会場などをお届けしました。ハードな新日本プロレスとショープロレスのWWEはどちらも魅力に違いがあります。興味を持った方はぜひ日本のプロレスだけでなくアメリカのプロレスも楽しんでみてください!

WWEの関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。