バレーボール女子日本代表メンバーで一番背が高い選手は?

リオ五輪への出場をかけた女子日本大会 2016 リオ五輪 バレーボール世界最終予選兼アジア大陸予選に注目の集まっている全日本女子チーム「火の鳥NIPPON」。ここでは、身長180cm以上の選手に注目し、ご紹介したいと思います。

リオ五輪への出場をかけた女子日本大会 2016 リオ五輪 バレーボール世界最終予選兼アジア大陸予選に注目の集まっている全日本女子チーム「火の鳥NIPPON」。日本人の成人男性の平均身長は171cm、女性は158cmですが、日本代表のバレーボール選手ともなると女子でも180cmオーバーは珍しくありません。

バレーボールの日本代表の女子メンバーは全員で29名、そのなかで身長180cm以上の選手をまとめてみました。

身長180cmは石井、井上、古賀の3人

身長が180cmぴったりなのが、ウイングスパイカーの石井優希選手、井上愛里沙選手、古賀紗理那選手の3人です。

今チーム一の成長株として期待されている古賀選手は高校生の時に日本代表デビューを果たし、2015年のワールドカップでは一気にその実力が開花。ベストスコアラーランキング5位、ベストサーバー部門4位、ベストレシーバー部門トップとなり、若いながらも日本を代表する選手に成長しました。近い将来日本を引っ張っていく選手として期待されています。

最年少の宮部藍梨選手は181cm

ナイジェリア人の父と日本人の母の元に生まれた宮部藍梨選手が身長181cmで、日本代表メンバー長身ランキング6位。

宮部選手は1998年生まれの17歳で日本代表のなかでは最年少ながら最高到達点は309cmで木村沙織選手の304cmを上回っています。高い打点から打ち込むスパイクは強烈で、古賀選手とともに2020年の東京オリンピック時にはエースとして期待されています。

身長182cmは島村、川島、大竹の3選手

身長182cmで日本代表メンバー長身ランキング3位となったのが、島村春世選手、川島亜依美選手、大竹里歩選手の3人です。

大竹里歩選手のお父さんは男子全日本でも活躍した身長208cmの秀之氏。さらに弟も中央大学でバレーボール選手として活躍している壱青選手で身長は202cm。絵に描いたような高身長のバレーボール一家です。

日本代表メンバー長身ランキング2位は185cmの木村沙織選手

日本代表のキャプテンでエースの木村選手が身長185cmで2位となりました。

サオリンという愛称でファンから愛され、人気と実力を兼ね備えた木村選手も29歳となりバレー選手としてはベテランとなりました。2016年はオリンピック出場をかけた最終予選とリオ五輪が控え、選手としての集大成となる年を迎えます。

日本代表メンバー身長ランキング1位は186cmの荒木絵里香選手!

日本代表女子のなかで最も身長が高い選手はミドルブロッカーで186cmの荒木絵里香選手。

荒木選手は結婚、出産を経て現役に復帰、そして見事日本代表にも選出されました。選手としてだけでなく、キャプテンの木村選手を支え、チームの精神的支柱としての役割が期待されています。

バレーボール日本代表の他のオススメ記事

もちろん実力も兼ね備えたバレーボール女子日本代表

ここで紹介した選手は高身長というだけでなく、身体的能力も高く、さらにハードワークしたからこそプロで活躍し、日本代表に選ばれた選手達です。そんな選手達が挑むオリンピック予選とリオ五輪。金メダルを取れるように、力いっぱい応援しましょう!

実力ぞろいの日本代表を応援しに行こう!

チケットキャンプ(チケキャン)では、バレーボール 日本代表が出場するイベントチケットを取り扱っています。リオへの切符は果たして手に入れられるのか!? 女子日本大会 2016 リオ五輪 バレーボール世界最終予選兼アジア大陸予選のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。