世界フィギュアスケート国別対抗戦の男子シングル・女子シングル・ペア・アイスダンスの出場選手を予想!

2年に一度開催され、世界のフィギュアの強豪国が集う世界フィギュアスケート国別対抗戦。毎大会男子シングル・女子シングル・ペア・アイスダンスの4つの競技で出場選手が熱戦を繰り広げます。本記事では、世界フィギュアスケート国別対抗戦2017の男子シングル・女子シングル・ペア・アイスダンスの日本の出場選手予想や大会の開催情報をお届けします。

【世界フィギュアスケート国別対抗戦の出場選手を予想!】

2年に一度開催される世界フィギュアスケート国別対抗戦。前回2015年の国別対抗戦で羽生結弦選手が「オペラ座の怪人」の曲に乗せて華麗に舞いSP・フリー両方で1位を獲得したことは多くのファンには今も印象に残っていることでしょう。

今回の大会では選手たちはどんな感動を巻き起こしてくれるのでしょうか。今回は、世界フィギュアスケート国別対抗戦の開催情報や男子シングル・女子シングル・ペア・アイスダンスの日本の出場選手予想をご紹介します。

【世界フィギュアスケート国別対抗戦開催情報をチェック!】

世界フィギュアスケート国別対抗戦はヨーロッパフィギュアスケート選手権、四大陸フィギュアスケート選手権、世界フィギュアスケート選手権など主要な大会で各国が獲得したポイントを合計し、そのポイントの上位6ヶ国が出場できます。そのため1人だけ優れた選手がいる国は出場できず、多くの優秀な選手がいる国が出場できる大会です。

前回2015年の国別対抗戦ではロシア、アメリカ、日本、カナダ、フランス、中国の6ヶ国が出場国となりました。今年の出場国は未だ決まっていませんが、日本・ロシア・アメリカ・カナダ・中国の5ヶ国に関しては出場の可能性が高く、残り1ヶ国はフランス、イタリアなどが有力視されています。

次に、開催情報を見ていきましょう。開催情報は以下のようになっています。

開催情報

開催日時:2017年4月20日(木)~4月23日(日)

4月20日(木)

オープニングセレモニー  14時30分~
アイスダンス(ショートダンス)  15時15分~
女子シングル(ショート)  16時35分~
男子シングル(ショート)  18時40分~

4月21日(金)

ペア(ショート)  16時~
アイスダンス(フリーダンス)  17時25分~
男子シングル(フリー)  19時~

4月22日(土)

ペア(フリー)  15時15分~
女子シングル(フリー)  16時50分~
表彰式  18時50分~

4月23日(日)

エキシビション  14時~
会場:国立代々木競技場第一体育館

次の項からは、日本の出場選手を予想していきます。

【世界フィギュアスケート国別対抗戦の日本の出場選手を予想!】

世界フィギュアスケート国別対抗戦の出場者は男子シングル2名、女子シングル2名、ペア1組、アイスダンス1組の各国合計8名で、出場国のスケート連盟が世界ランキングや大会成績などを考慮して選出します。

前回の日本では男子シングルに羽生結弦選手と無良崇人選手、女子シングルには宮原知子選手と村上佳菜子選手、ペアには古賀亜美選手・フランシス・ブードロー=オデ選手ペア、アイスダンスにはキャシー・リード選手・クリス・リード選手組がそれぞれ出場しました。

それでは、各競技の日本の出場選手を予想してみましょう。

男子シングルの出場者は?

まず男子シングルの日本の出場選手を予想してみましょう。2017年1月現在の男子世界ランキングの上位50人には、羽生結弦選手(1位)、宇野昌麿選手(3位)、無良崇人選手(13位)、田中刑事選手(20位)、村上大介選手(25位)、山本草太選手(44位)がランクインしています。

基本的にランキングを上から代表に選出するため、国別対抗戦の代表2選手を選ぶと羽生結弦選手、宇野昌麿選手の2選手になります。しかし、羽生結弦選手が国別対抗戦に出るかどうかは半々といった予想の声もあります。

羽生結弦選手と宇野昌麿選手は3月末~4月上旬にヘルシンキで行われる世界選手権の代表が決定しています。世界選手権は2018年の平昌オリンピックの出場枠が決まる大事な大会。こちらに集中するため特に羽生結弦選手は国別対抗戦は出場しないという見方もあり、そのため宇野昌麿選手と無良崇人選手、もしくは宇野昌麿選手も不出場の場合は無良崇人選手と田中刑事選手が選ばれる可能性があります。

女子シングルの出場者は?

次に女子シングルの日本の出場選手を予想してみましょう。2017年1月現在の女子世界ランキングの上位50人には宮原知子選手(1位)、本郷理華選手(8位)、村上佳菜子選手(14位)、樋口新葉選手(20位)、浅田真央選手(21位)、永井優香選手(32位)、本田真凜選手(35位)、三原舞依選手(39位)などがランクインしています。

女子シングルの出場選手も世界選手権の代表を考慮して予想してみましょう。ヘルシンキで行われる世界選手権、女子シングルでは全日本選手権の上位3名の宮原知子選手、樋口新葉選手、三原舞依選手が代表として選出されました。

ランキング上位から選出すると考えると宮原知子選手と本郷理華選手、宮原知子選手のコンディションや平昌オリンピックのために大事な世界選手権に集中すること等の条件によっては本郷理華選手と村上佳菜子選手の代表となるのではないでしょうか。ファンからの期待が高い浅田真央選手の出場は少し厳しいと予想されています。

ペアとアイスダンスの出場選手は?

ここからはペアとアイスダンスの日本の出場選手を予想してみましょう。ペアもアイスダンスもどちらも1組ずつの選出になります。

2017年1月現在のペア世界ランキングの上位には須藤澄玲選手・フランシス・ブードロ=オデ選手ペア(29位)、小野眞琳選手・ウェスリー・キリング選手ペア(62位)などがランクインしています。ペアの代表は世界選手権にも出場が決定している須藤澄玲選手・フランシス・ブードロ=オデ選手のペアが有力視されています。

アイスダンス世界ランキングの上位には村元哉中選手&クリス・リード選手(21位)、深瀬理香子選手&立野在選手(63位)がランクインしています。こちらも世界選手権にも出場が決定している村元哉中選手&クリス・リード選手が国別代表戦の代表として有力視されています。

世界フィギュアスケート国別対抗戦のその他おすすめ記事

【世界フィギュアスケート国別対抗戦は見逃せない!】


(出典:photoACより)

今回は世界フィギュアスケート国別対抗戦の開催情報や男子シングル・女子シングル・ペア・アイスダンスの出場選手予想をお届けしました。前回も多くの感動を巻き起こした世界フィギュアスケート国別対抗戦。今年の大会も熱戦が繰り広げられること間違いなしの注目の大会です!ぜひ会場まで足を運んでみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。