FIVBワールドリーグ2016 注目ポイントはこれだ!

6/17(金)より、男子バレーボールの国際リーグ「FIVBワールドリーグ2016」が開催されます。ここでは、FIVBワールドリーグ2016の注目選手や全日本の目標について見ていきたいと思います。

6/16(木)から7/17(日)までの約1か月、男子バレーボールの国際リーグ「FIVBワールドリーグ2016」が開催されます。試合は世界各国で行われますが、日本では大阪市中央体育館で開催されることになりました。

ここでは、FIVBワールドリーグ2016の注目選手など、見どころをご紹介します。

FIVBワールドリーグ2016で注目の選手は?

FIVBワールドリーグ2016は、全日本メンバーによって試合を行います。豊田合成などVプレミアリーグや大学リーグなどを見ていたファンも、そこで活躍した選手が選ばれるという楽しみがありますね。

2015年大会では、歌手・中島美嘉の夫で現在全日本主将を務める清水邦広(パナソニック・パンサーズ)をはじめ、石川祐希(中央大学)や柳田将洋(サントリーサンバーズ)らが全日本メンバーに選ばれていました。

2016年も全日本での活躍が期待されている選手です。FIVBワールドリーグ2016ではだれがメンバーに選ばれるのでしょうか。そして、選手たちの活躍に期待しましょう。

FIVBワールドリーグ2016、全日本の目標やライバルは

FIVBワールドリーグ2016で、全日本はどんな成績を目指しているのでしょうか。FIVBワールドリーグ2016に出場するのは、36か国。12か国ずつ、3グループに分けてグループラウンドが行われますが、まずはグループラウンドのファイナルステージ「ファイナル4」に入ることが目標です。

ファイナル4の開催国ポルトガルを除いた11か国の中でトップ3を目指します。

2015年に行われたワールドカップでは、12か国中の6位だった全日本。FIVBワールドリーグ2016で日本が入ったグループには、W杯で5位以上だったアメリカ、イタリア、ポーランド、ロシア、アルゼンチンはいません。

同じグループのライバルは、FIVAランキングで日本よりも上位のカナダや、順位が近いキューバなどになるのではないでしょうか。

ドキドキ! FIVBワールドリーグ2016の日程にも注目

FIVBワールドリーグ2016において注目したいポイントの一つが、大会が行われるタイミング。FIVBワールドリーグ2016の前に、リオデジャネイロ五輪の世界最終予選が行われます(5/28(土)~6/5(日))。ここで男子バレーは五輪出場を決めておきたいところ。

リオ五輪出場が決まれば、FIVBワールドリーグ2016に観戦する私たちも、リオ五輪前哨戦のような気持ちで高いテンションで臨めるのではないでしょうか。

FIVBワールドリーグ2016の前に、まずは、オリンピック予選を勝ち抜き、アジア代表として全日本が出場できますように。皆さんで応援しましょう。

日本男子バレーを応援しよう!

男たちの熱い戦いを間近に感じながら力強い声援を送りたい! FIVBワールドリーグ2016のチケットはチケットキャンプ(チケキャン)で。日本男子バレーをみんなで盛り上げればきっと勝てるはず!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。