FIVBバレーボールワールドグランプリ開催「島津アリーナ京都」徹底解説!

国際バレーボール連盟(FIVB)主催の国際大会、FIVBバレーボールワールドグランプリ。24回目の開催となる今回、6月24日(金)〜6月26日(日)までの予選ラウンド第3週は日本の島津アリーナ京都で開催。応援をより楽しめるように会場の島津京都アリーナについて、徹底解説します!

国際バレーボール連盟(FIVB)主催の国際大会、FIVBバレーボールワールドグランプリ。アジアにおけるバレーボールの浸透を目指して1993年から行われています。2016年の今大会は24回目の開催。

こちらは、予選ラウンドと決勝ラウンドが行われ、決勝ラウンドはグループ1(予選ラウンドプールA~I)の上位5チームと、開催国(2016年はバンコク)を加えた6チームで開催されます。

そんなFIVBバレーボールワールドグランプリは6月24日(金)〜6月26日(日)までの予選ラウンド第3週は日本の島津アリーナ京都で開催。ホームでの応援をより楽しめるように島津京都アリーナについて、解説したいと思います。

FIVBバレーボールワールドグランプリ開催! 島津アリーナ京都座席数解説

今回は島津アリーナ京都の第1競技場がメイン。第1競技場の収容人数は次の通り。

2階固定席:5,016席
1階移動観覧席:480人
計約5,500人の収容が可能。

今回のような大きい大会の場合はさらに、フロアーにも移動観覧席や仮設席を設置することにより約8,000席の収容が可能となります。移動観覧席導入により、様々なレイアウトが可能となり、間近で迫力のあるバレーボールプレーが観戦できる体育館となっています。

普段は、バレーボールコート3面が入る大きなアリーナですが、FIVBバレーボールワールドグランプリでは一面のみを設置して大会が行われます。

FIVBバレーボールワールドグランプリ開催! 島津アリーナ京都アクセス方法

住所:〒603-8334 京都市北区大将軍鷹司町
電車:JR山陰本線・円町駅下車、徒歩8分
JRバス・市バス:15・26・203・204・205「大将軍」下車 西へ徒歩2分
市バス:10は、「等持院道」下車 南へ徒歩3分

駐車場は乗用車80台程度で比較的少なめなので注意が必要です。駐車料金は無料です。

FIVBバレーボールワールドグランプリ 島津アリーナ京都施設はなにがある?

  • 島津アリーナ京都 売店は?
  • 島津アリーナ京都には売店があります。取扱商品にはパン・おにぎり、飲料水、菓子、アイスクリーム、スポーツ用品、お弁当など試合の合間に小腹が空いたときは利用できます。

  • 島津アリーナ京都 ロッカーは?
  • またお弁当はあらかじめ予約することもできますので、必要があれば予約しておくと良いでしょう。

    ロッカーは選手控え室にあるものだけで、観客用ロッカーというものはないので、隣の席の人の邪魔にならない程度の大きさの荷物にまとめておくと問題なく観戦できそうです。

    FIVBバレーボールワールドグランプリ 島津アリーナ京都での観戦、準備はバッチリ!

    島津アリーナ京都では、毎年Vリーグの試合が開催されているほか、2013年には「FIVBワールドグランドチャンピオンズカップ2013男子京都大会」、2014年と2015年には男子バレーボールの国際大会「FIVBワールドリーグ」が開催。4年連続、国際大会が行われています。

    今回は日本はロシア、タイ、セルビアをホームに迎え挑みます。強豪国が多いので、ホームならではの熱烈な応援が勝敗を左右することは間違いありません。

    今大会は日本がホームで行われるのは予選第3週のみになっているので、この機会に熱烈な応援をして、盛り上げましょう。

    バレーボール女子日本代表他のオススメ記事

    FIVBワールドグランプリ2016の観戦に行こう!

    島津アリーナ京都でも開催されるFIVBワールドグランプリ2016のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。