火の鳥NIPPONが世界の強豪を迎え撃つ「FIVBワールドグランプリ2016」見どころは?

バレーボール女子のリオデジャネイロ五輪世界最終予選兼アジア予選最終日を3位で終え、リオ五輪出場を決めた日本。ここでは、女子バレーボールの国際大会「FIVBワールドグランプリ2016」の見どころに迫ります!

28カ国の代表チームによる女子バレーボールの国際大会「FIVBワールドグランプリ2016」が2016年6月3日から7月10日の日程で世界各地の会場で行われます。日本大会は6月24日から26日の3日間、予選ラウンドの第3週として島津アリーナ京都で開催。

眞鍋監督率いる日本チームの「火の鳥NIPPON」はロシア、タイ、セルビアの強豪3チームと激突。FIVBワールドグランプリ2016の見どころをご紹介します。

FIVBワールドグランプリ2016 目指すは初タイトル

今年は何といっても8月のリオデジャネイロオリンピックが大目標。その前に行われた5月の世界最終予選では見事リオ五輪出場を決めました。そして、オリンピックの出場権を得たいま、このFIVBワールドグランプリ2016はオリンピックの前哨戦となる大会。各チームのレベルを図り、オリンピックに挑むための実力度を示す重要な大会です。

大会には28チームが参加しますが、日本はランキング上位12カ国で構成するグループ1に入り、最終的にはグループ1の上位5チームと開催ホスト国であるタイの6チームによって優勝が争われます。過去28回の大会では日本チームは2014年の2位が最高ですが、今回はベストの布陣で初優勝を目指してほしいものです。

日本チームは4年前のロンドンオリンピックの3位決定戦で韓国を破り28年ぶりとなる銅メダルを獲得。国際バレーボール連盟が発表している現時点におけるランキングで日本女子は5位です。

ワールドカップで1位となった中国と2位のセルビア、開催国枠で決定しているブラジルの3カ国が既にリオデジャネイロオリンピック出場を決めていますが、日本もオリンピックでメダル争いができるレベルにあります。

今回のFIVBワールドグランプリ2016の日本大会で対戦する3カ国のランキングはロシアが日本より上位の4位、セルビアが6位、タイが13位です。ロシアとセルビアとは実力が拮抗していて、日本と接戦になることが必死です。

また、タイはランキングの上ではやや見劣りするとはいえ、最近の国際大会でキューバやセルビアを下した実績もあり、強力なスパイクを打つ選手もいて決して侮れない相手です。

FIVBワールドグランプリ2016 木村選手の活躍に期待!

さて、現在の真鍋ニッポンの状態ですが、キャプテン木村沙織選手を中心に結束力が高いチームといえるでしょう。2003年にスーパー高校生として日本代表にデビューした木村選手ですが、実はロンドンオリンピックを最後に引退しようと考えていたよう。

しかし、ロンドン後トルコリーグに参加していた木村選手のもとに眞鍋監督が直接出向き「キャプテンとして次を目指してほしい」と説得され、木村選手も現役続行という決断を下しました。29歳という年齢からいえばそろそろ引退という二文字が頭をよぎることでしょうが、まだまだ絶対的なエース。精神的な支柱としてチームメートから頼られる存在になっています。

長年にわたり日本チームをけん引してきた尊敬する元キャプテンの竹下佳江さんと同じ背番号3を背負った木村選手の活躍を期待しましょう。

FIVBワールドグランプリ2016 荒木選手ほか注目の選手は!?

ほかに注目される選手は、木村選手より歳上の31歳、ロンドンオリンピックで主将を務め銅メダル獲得の立役者となった荒木絵里香選手です。ロンドン後に結婚と出産という経験を経て、今年約2年ぶりの代表入り復活を果たしました。

そして、復活後初の国際大会であるリオ五輪最終予選でも大活躍でした。今回の京都大会でも、木村選手とともにしっかりと若手をリードする役割を果たしてくれるでしょう。

そして、最後に急台頭してきた二人の名が上がります。まず、長岡望悠選手です。昨年のワールドカップでベストスコアラーの4位となり、一躍日本の新エースとして脚光を浴びました。左腕から繰り出される強烈なスパイクは今や日本の切り札です。そしてもう一人、19歳の未来のエース・古賀紗理那選手。昨年のワールドカップではベストレシーバーランクで1位となり、サーブやスパイクでもチーム上位の成績で、オールラウンドプレーヤーとしてポスト木村の一番手です。

ベテランの技と若手のパワーとの共演で、京都会場はニッポンコールの熱気に包まれることでしょう。

リオオリンピックを控えた重要な戦い、若手は存在を示すチャンス

今年は4年に一度のオリンピックが開催される年ですが参加できるのはわずか12チームです。しかし、オリンピックに先立って行われる「FIVBワールドグランプリ2016」は全28チームが参加する国際大会で、毎年開催されているファン注目のビッグイベントです。

今年は京都で3試合が行われます。ここで強豪を打ち破って勢いをつけ堂々とリオへ向かってほしいものです。

バレーボール女子日本代表他のオススメ記事

FIVBワールドグランプリ2016の観戦に行こう!

FIVBワールドグランプリ2016のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。