WBC直前!侍ジャパンとオランダ代表の強化試合は激戦必至!

第4回WBCまであと半年足らず。先日の9月末には第四回WBC出場の16チームが確定。その前哨戦とも言える侍ジャパン最後の強化試合として、オランダとメキシコとの対戦が決定しました。今回は、WBCの前哨戦とも言えるオランダやメキシコとの強化試合、そして強敵オランダ代表の実力についてお伝えします!

第4回WBCまであと半年足らず。先日の9月末には第四回WBC出場の16チームが確定。日本、台湾(チャイニーズ・タイペイ)、韓国、中国、ドミニカ共和国、プエルトリコ、アメリカ、キューバ、ベネズエラ、カナダ、イタリア、オランダ、オーストラリア、メキシコ、コロンビア、イスラエルの16国の代表チームが世界一を懸けて争うことが決定いたしました。

その前哨戦とも言える侍ジャパン最後の強化試合として、オランダとメキシコとの対戦が決定しました。

今回は、WBCの前哨戦とも言えるオランダやメキシコとの強化試合、そして強敵オランダ代表の実力についてお伝えします!

WBCと今回の強化試合の関係性

4年に一度の野球の世界大会、第四回WBCは2017年3月に開催されます。

そしてこのオランダ・メキシコとの強化試合はWBCの前の最後の前哨戦。全試合DH制とWBC公式球を用いて本番さながらの雰囲気の中で行います。

特にオランダは前回WBCで日本に次ぐ4位入賞の強豪国。前回大会では優勝候補キューバを2度も破っています。

第一回、第二回の覇者日本は4年前の第三回WBCでは準決勝でプエリトリコに敗戦、3位に終わってしまいました。王座奪還に燃える侍ジャパンにとって強豪オランダとの強化試合はまさに、来年のWBC本番の試金石とも言える試合となるでしょう。

侍ジャパンの強化試合の日程と会場をチェック!

侍ジャパンの強化試合は、以下の日程で行われます。

試合日時

  • 11月10日(木) 19時00分~ 日本代表(ホーム) vs メキシコ代表(ビジター)
  • 11月11日(金) 19時00分~ メキシコ代表(ホーム) vs 日本代表(ビジター)
  • 11月12日(土) 18時30分~ 日本代表(ホーム) vs オランダ代表(ビジター)
  • 11月13日(日) 18時00分~ オランダ代表(ホーム) vs 日本代表(ビジター)

会場

東京ドーム

隠れた強豪!オランダ代表

2013年の前回WBCでは二度も強豪キューバを破り、4位入賞を果たしたオランダ。実は野球の強豪国なんです。

前回WBCでは日本でのシーズン本塁打記録60本を持つバレンティン(ヤクルト)、メジャー通算434本塁打のジョーンズ(元楽天)がオランダ代表として出ていました。その他、メジャーやその傘下チーム出身者たちも多く擁し、けして世界に見劣りしないチームを作り上げていました。

その秘密はカリブ海にあるオランダ領のキュラソー島。前回チーム代表の選手の半数以上がキュラソー島などのカリブ海のオランダ領の島出身なんです。だから中南米出身選手のように身体能力の高い選手が揃っています。

プエルトリコやドミニカ、キューバなど野球の強豪国が多く、選手の多くがメジャーリーグで活躍している中南米。同じくオランダも、中南米のオランダ領の島からアメリカに出てメジャー、マイナーで活躍している選手ばかり。どちらかというと中南米代表の国のようなチームなんです。

中南米のチームということで前回優勝のドミニカ共和国、日本を準決勝で下した準優勝のプエルトリコなどのWBC本戦でも対戦が予想される中南米の強豪を仮想した試合となるでしょう。

強化試合やWBCの前にオランダ代表候補をチェック!

今回のWBCオランダ代表は前回以上の布陣が予想されます。日本球界おなじみの顔で言えばヤクルトのバレンティン、ソフトバンクで日本初登板以来14連勝の日本記録を樹立したバンデンハーク。彼らの実力は野球ファンであれば周知の事実でしょう。

そして、今回はメジャーで大活躍するオランダ出身選手たちもWBCに参加する可能性があります。参加する可能性のあるオランダ出身選手たちの一部を紹介しましょう。

今季メジャーで3割近い打率を残したレッドソックスの正遊撃手ボガーツ。今季前半は驚異的な安打数を記録し、一時はイチローの持つシーズン262安打記録を超えるペースでヒットを量産していた安打製造機です。

エンゼルスのシモンズは、「魔術師」「メジャー最高の守備職人」とも評されるほどの遊撃守備の名手です。オリオールズの二塁手スクープは守備が上手いだけでなく、今季25本塁打を放つなど驚異的な長打力があります。

投手では前田健太のチームメイトでもあるドジャースの守護神ジャンセン。ジャンセンは今季エリク・ガニエの持っていたドジャースの歴代セーブ記録を更新した不動の守護神です。

どの選手も侍ジャパンにとっては強敵となるでしょう。

侍ジャパンも負けていない!

ベストメンバーで来られたら強化試合でも本戦でも相当の強敵になるであろうオランダ。しかし、日本だって負けていません。

日本ハムの大谷は球団から許可が下りたため、「二刀流」でWBCに挑みます。今季投手としては二桁勝利、打者として3割20本を記録した大谷はWBC頂点奪還に向けて投打ともに重要な戦力と言えるでしょう。

その他にも史上初の2年連続トリプルスリーを記録した山田(ヤクルト)、今季最多本塁打を記録した筒香(DeNA)、3年連続100打点の中田翔(日本ハム)ら頼もしい野手の面々が控えており、こちらも世界に誇れる選手たちと言えるでしょう。

また、メジャー組も招集される可能性があります。ヤンキースの田中、レッドソックスの上原、田澤のような投手陣が加われば日本のWBC王座奪還も夢ではないでしょう。

日本野球の精鋭とも言える侍ジャパンと強豪オランダとの強化試合、激戦が予想されます!

WBSC世界野球プレミア12の他のオススメ記事

WBC直前の前哨戦、侍ジャパンを応援しよう!

第四回WBCまでもう半年足らず。オランダ代表やメキシコ代表とのこの強化試合はWBCの結果を占う重要な試合と言えるでしょう。悲願の王座奪還に燃える侍ジャパンたちを応援しましょう!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。