Vプレミアリーグの主役!日本女子バレーのエース木村沙織の素顔に迫る

今や日本代表でチームを引っ張る大黒柱となったVプレミアリーグ東レ・アローズ所属の木村沙織選手。本日は、バレーボールとの出会いから、Vプレミアリーグ・代表チームでの活躍、プライベートでの素顔など木村選手をたっぷり特集します。

木村沙織選手は、Vプレミアリーグの東レ・アローズに所属するバレーボール選手です。185cmの大型プレーヤーで、大黒柱として此れまで日本代表チームを牽引してきました。

Vプレミアリーグでの活躍と共に、代表チームでの戦いぶりについても紹介し、木村選手の素顔に迫りたいと思います。

木村選手とバレーボールとの出会い

埼玉県八潮市生まれの木村沙織選手ですが、選手であった両親の影響を受け、小学校2年生からバレーボールを始めました。中学・高校とバレーの名門、成徳学園の主力として活躍し、春高バレー2連覇に貢献しています。

この時の成徳には後に全日本でのチームメイトとなる、大山加奈、荒木絵里香といった名選手たちも在籍していました。高校生の時に初めて全日本代表に選出され、アジア選手権やワールドカップにも出場を果たします。

その後、椎間板ヘルニアの為に殆ど試合には出られなかったものの、アテネオリンピックにも代表選出されています。当初は、なんとセッター登録であったというから驚きです。念の為、バレーボールのポジションについても少々解説しておきます。

バレーボールのポジションは、セッター、ウイングスパイカー、ミドルブロッカー、リベロと呼ばれています。セッターはコート中央に位置し、スパイクを打つ為のトスを上げる役目です。ウイングスパイカーはコートの両サイドからの攻撃を担当します。

ミドルブロッカーはコート中央で相手の攻撃をブロックすることが求められます。最後のリベロは、攻撃には関与しない守備の専門職です。木村選手は、Vプレミアリーグでも全日本でもウイングスパイカーとしてプレーしています。

Vプレミアリーグデビューから連覇まで

そんな木村沙織選手ですが、Vプレミアリーグ(当時はVリーグ)デビューは第12回大会でした。アタック決定率リーグ6位の成績が認められて新人賞を受賞しています。2008年には東レのリーグ初優勝にも貢献し、北京オリンピックにも出場します。

以降2010年まで、チームはリーグ3連覇を果たしています。尚、この年より、実の妹の美里もチームに加入しました。2012年には東レアローズが4度目のリーグ優勝を飾るのですが、木村選手自身は足首の故障もあり、やや不本意なシーズンでありました。

それでも夏のロンドンオリンピックには元気に出場し、銅メダルを獲得しています。そしてオリンピック終了後、トルコのワクフバンク・テュルクテレコムへの移籍が発表されるのです。

日本代表での奮闘

Vプレミアリーグでの活躍が評価され、日本代表として攻守の要を担うようになるのは、2010年のワールドグランプリからです。その頃チームの中心選手であった栗原恵選手が故障し、副キャプテンとなった木村沙織選手はベストスコアラーに輝き、同年開催の世界選手権では銅メダル獲得に貢献しました。

その事が2年後のロンドンオリンピックでの銅メダルへとつながっていくのです。そして2013年には、一度は現役引退を決意していたものの、眞鍋監督からの強い要請により翻意し、全日本のキャプテンに就任することとなります。

2014年にはトルコから帰国し、東レ・アローズに復帰すると共に、2016年のリオオリンピック世界最終予選では、指を負傷しながらもチームを鼓舞し続け、見事出場権を獲得しました。女子バレーボール史上、オリンピック4大会連続出場は初の快挙です。

木村沙織という人物

* なかよしっ🙋🏼🐶💓 ・ #しゅぷ🐶

A post shared by kimura saori (@saoriiiii819) on

Vプレミアリーグや全日本での活躍を通して見る木村沙織という人は、寡黙で生真面目な努力家という印象ですが、プライベートの彼女は、どうも様子が違うようです。「タピオカミルクティーとE-Girlsを好む」事は本人のブログで語られていますが、“天然伝説”も数多く残されています。

「トルコへの移籍に際してスーツケースの鍵を日本に忘れ、包丁でこじあけた」「風呂あがりにパンツと間違えてブラジャーに足を通した」「食堂で転んで残飯かぶった」と話題には事欠きません。これはネプチューンの「ぶっちゃけ」という番組で、本人も含めて全日本女子のチーム全員が出演中に認めた話です。

一方で彼女はイタズラも大好きです。チームの先輩の大山加奈さんは、「インタビューを受けてる最中に両方のくつひもを結ばれて転びそうだった」とか。

後輩の江畑選手は、「ホテルを出て、木村先輩にコンビニの場所を聞いたら、すごく遠いからタクシーで行った方がいいよと言われ、乗ってみたらホテルの隣だった」という被害に遭っています。これも同じ番組で語られた事実です。

Vプレミアリーグのオススメ記事はコチラ

これからの木村沙織

輝かしいバレーボールの戦績とプライベートにギャップがありすぎて、何ともチャーミングな木村沙織をご紹介致しました。そんな彼女ですが、攻撃も守備もサーブも超一流、唯一見劣りのしたブロックも格段に進歩している、というのはチームのみんなが認めるところです。Vプレミアリーグでも全日本でも大活躍して欲しいと願っています。Vプレミアリーグのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。