【男子バレーボール日本代表】歴代のイケメンたちBEST5をランキングでご紹介!!

2020年の東京オリンピックに向けて本格的に動き出した男子バレーボール日本代表。その実力はもちろんですが、実は歴代の男子バレーボール日本代表にはイケメンがたくさん揃っていることご存知ですか?今回は歴代の男子バレーボール日本代表の中からイケメンBEST5をランキング形式で紹介ます!

男子バレーボール日本代表にはイケメンが揃ってる!


(画像:フリー画像AC)
2017年9月12日~9月17日までの間、グラチャンバレーで男子バレーボール日本代表が大いに活躍してくれていました。強敵ばかりでしたが、ひるむことなく立ち向かっていった男子バレーボール日本代表の選手たちにファンからは大きな声援が聞こえていました。

さて、たくさんの方たちから愛されている男子バレーボール日本代表の選手たちですが、その人気と実力もさることながら、実はイケメンが多く揃っているという事をご存知でしょうか?歴代の男子バレーボール日本代表にもたくさんの魅力的なイケメンが実に多くいたのです。今回は歴代の男子バレーボール日本代表の中からイケメンBEST5をランキング形式で紹介します!

歴代男子バレーボール日本代表イケメンランキング5位:越川優選手

  • 名前       越川 優(こしかわ ゆう)
  • 生年月日     1984年6月30日
  • 所属       2017年5月の大会を最後にビーチバレーボールへ転向
  • 出身校      長野県立岡谷工業高等学校
  • 身長       189cm
  • ポジション    ウィングスパイカー
  • 最高到達点    347cm

歴代の男子バレーボール日本代表イケメンランキング第5位は、今年5月の黒鷲旗全日本男女選抜大会を最後にビーチバレーボールへ活動の場を移した越川優(こしかわゆう)選手です。

 

越川選手は高校3年生のときに男子バレーボール史上初めて高校生での全日本入りを果たし、釜山アジア大会に出場しました。2005年にはアジア選手権で日本の5大会ぶりの金メダル獲得、2008年には全日本男子の16年ぶりオリンピック出場に貢献するなど中心選手として活躍してきました。

 

 

しかし、オリンピック出場に非常に強い思いを持っている越川選手は、今年の5月の大会でインドアのバレーを引退し、活躍の場をビーチバレーボールへと移しています。現在は2020年の東京オリンピックに向けて練習に励んでいます。輝かしい数々の実績はもちろんのこと、越川選手のイケメンさも相当なものですね。活躍の場は変わっても、ずっと応援し続けたい選手です。

歴代バレーボール男子日本代表イケメンランキング4位:加藤陽一選手

  • 名前       加藤 陽一(かとう よういち)
  • 生年月日     1976年8月12日
  • 所属       PFUブルーキャッツコーチ
  • 出身校      大分県立大分高等学校
  • 身長       190cm
  • ポジション    ウィングスパイカー
  • 最高到達点    345cm

加藤選手は筑波大学在学中に全日本デビューを果たし、男子バレーボール日本代表チームのエースとしてチームをまとめ、牽引しました。日本でプレーした後、海外のチームでもプレーをするなど経験はかなり豊富な選手です。現在はPFUブルーキャッツのコーチをしています。

 

とてもダンディでイケメンな加藤選手。コーチ経験を生かして将来的に男子バレーボール日本代表の監督をしてもらいたいですね!

歴代男子バレーボール日本代表イケメンランキング3位:山本隆弘選手

  • 名前       山本 隆弘(やまもと たかひろ)
  • 生年月日     1978年7月12日
  • 所属       現在は解説者・タレント
  • 出身校      鳥取県立鳥取商業高校
  • 身長       201cm
  • ポジション    ウィングスパイカー
  • 最高到達点    355cm

山本選手の最大の武器は、サウスポーゆえの強烈な逆回転ジャンプサーブです。2000年に日本代表に選出され、男子バレーボール界を牽引してきました。2003年にはワールドカップでベストスコアラーとMVPを獲得するなど、歴代のサウスポー選手として間違いなくトップクラスの選手でした。

 

日本代表チームの戦術上の問題で2年間程日本代表に招集されなかった時期もありましたが、2006年の世界選手権の日本代表メンバーに選ばれると、エースとして驚異的なスパイク決定率をたたき出し、8強入りに大きく貢献しました。2012/2013年シーズン限りで現役を引退し、現在は解説者やタレントとして活動しています。身長も高くイケメンなことから、現役を退いてもなお多くのファンがいます。

歴代男子バレーボール日本代表イケメンランキング2位:柳田将洋選手

  • 名前       柳田 将洋(やなぎだ まさひろ)
  • 生年月日     1992年7月6日
  • 所属       TVインガーソル・ビュール
  • 出身校      私立東洋高等学校
  • 身長       186cm
  • ポジション    ウィングスパイカー
  • 最高到達点    335cm

高校在学中にキャプテンとしてチームを全国優勝へと導いた柳田選手。慶応義塾大学に進学後、日本代表に選ばれました。Vプレミアリーグ・サントリーサンバーズではエースとして活躍し、2015/2016シーズンレギュラーラウンドでは全試合に出場し、最優秀新人賞に輝いています。

 

柳田選手の最大の武器は、時速120kmの強力なサーブです。男子バレーボールの歴代の選手の中でもトップクラスの強力なサーブで、世界の強豪相手にもサービスエースをもぎ取る力を持っています。2017年6月、ドイツ・ブンデスリーガ1部のTVインガーソル・ビュールへの移籍を発表し今後の活躍が期待されています。キャプテンをつとめた経験を活かし、将来的には日本代表をまとめ世界一に導いてほしいですね。

 

そんな柳田選手ですが、端正な顔立ちのイケメンで多くの方が柳田選手に魅了されています。優しい笑顔を持ち合わせながら、強力なサーブを打つこのギャップが一層柳田選手の良さを引き立てています。試合会場でぜひ目の前で見てみたいですね。

歴代男子バレーボール日本代表イケメンランキング1位:石川祐希選手

  • 名前       石川 祐希(いしかわ ゆうき)
  • 生年月日     1995年12月11日
  • 所属       中央大学
  • 出身校      私立星城高等学校
  • 身長       192cm
  • ポジション    ウィングスパイカー
  • 最高到達点    350cm

将来の男子バレーボール日本代表に必要不可欠な選手として、今最も注目されているのがこの石川選手です。高校在学中の2012・2013年には、2年連続高校3冠の原動力としてチームいおおいに貢献し、2013年には全国大会で最優秀選手賞を獲得しています。

 

石川選手の武器は何といっても強力なスパイクです。2m以上の選手が多くいる海外のチームと比べると身長は決して高いと言えません。しかしながら、最高到達点350cmの高さから放たれるスパイクは破壊力抜群で、決定率は世界4位にランクインするほどの力を持っています。

 

そしてその申し分ない実力に加えて、非の打ちどころがないイケメンなルックス。間違いなく今後の男子バレーボール日本代表で中心的な存在になっていくはずです。これからの活躍にぜひご注目ください。

男子バレーボール日本代表から今後も目が離せない!

いかがでしたか?歴代の男子バレーボール日本代表の選手の中には本当にイケメンが多くいます。純粋にバレーボールの試合を楽しむのももちろんいいですが、プレーとは少し違う視点から楽しんでみることもいいと思います。今回のBEST5以外にも人気のあるイケメン選手は多くいます。ぜひご自分のタイプの選手がいないか探してみてください!

その他の男子バレーボールに関しての記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。