Vプレミアリーグの東レアローズ女子の監督・美人選手たちのプロフィールを大紹介!

名将菅野幸一郎監督が率いるVプレミアリーグの名門「東レアローズ」女子。過去から現在に渡り、多くの美人アスリートたちが在籍してきました。そこで気になるのが監督や彼女たちのプロフィール。本記事では、Vプレミアリーグ東レアローズ女子の監督や、主な美人選手たちのプロフィールをご紹介します。

【Vプレミアリーグの名門・東レアローズ女子の監督や美人選手たちのプロフィールをご紹介します!】

東レアローズ女子バレーボール部は、かつて「東洋の魔女」と呼ばれた歴史ある名門チーム「ユニチカ・フェニックス」が2000年に休部になったことがきっかけで、それを東レが引き継ぐ形で発足しました。

木村沙織選手や荒木絵里香選手らを擁してチームは力をつけていき、2008年に悲願のVプレミアリーグ初優勝。その後Vプレミアリーグ三連覇を果たし、現在まで優勝4回、準優勝2回を誇る常勝チームとなっています。

そんな歴史を持つ東レアローズは、多くの女子バレーボール日本代表選手を輩出している名門チームで、現在でも木村沙織選手や迫田さおり選手など有名選手が在籍しています。強いだけではなく、美人アスリートが多いのも東レアローズの特徴。そこで今回は、東レアローズの監督や主な女子選手のプロフィールを見ていきましょう。

【Vプレミアリーグ・東レアローズ菅野幸一郎監督のプロフィール】

菅野幸一郎監督は2016年6月からVプレミアリーグの東レアローズの監督を務めています。東レアローズ女子バレーボール部を常勝チームにした名将です。

菅野幸一郎監督は法政大学時代はビーチバレーの名プレーヤーとしても知られており、ビーチバレー界の草分け的存在の高尾和行選手とペアを組みビーチバレージャパンで優勝したこともあります。

大学卒業後は東レアローズ男子バレーボール部の前身である東レ九鱗会でバレーボール選手としてプレーし、1996年に監督に就任し、2000年までチームを強化しました。

その後、女子バレーボール部のコーチに就任し、2005年には監督に昇格。Vプレミアリーグ3連覇を成し遂げるなど東レアローズ女子の黄金期を築き上げました。2015年からは全日本男子のコーチを務め、翌年2016年には東レアローズ女子の監督へ復帰しています。

【Vプレミアリーグ・東レアローズ木村沙織選手のプロフィール】

木村沙織選手は長くVプレミアリーグの東レアローズの主力選手として活躍した選手です。成徳学園高校(現在の下北沢成徳高校)時代は主力選手として2003年の春高バレーで優勝するなどの活躍を見せ、2004年にはアテネオリンピックに招集されました。

高校卒業後に東レアローズに入部、主力選手として大活躍し、2008年の東レアローズのリーグ初優勝に貢献しました。

東レアローズの選手としてだけでなく、日本代表選手としても世界選手権やワールドカップなどの国際大会では主力選手として活動。オリンピックでは2004年のアテネオリンピックから2016年のリオオリンピックまで4大会連続で代表入りした選手です。

2012年には海外のトルコリーグに移籍し、海外でも本領を発揮。2014年に古巣の東レアローズに復帰しました。木村沙織選手は美人アスリートとしてよく取り上げられ、「美人すぎるアスリート選手」と言われたこともあるなどプレーだけでなくルックスも注目されてきた選手です。

長く日本のバレーボール界の中心として活躍してきた彼女ですが、2016年10月に今シーズン限りでの引退を発表しました。木村沙織選手の試合が見られるのは最長で2017年3月中旬までになります。また、2016年12月末には元バレーボール選手の日高裕次郎さんとの結婚を発表しています。

【Vプレミアリーグ・東レアローズ木村美里選手のプロフィール】

木村美里選手は木村沙織選手の5つ年が離れた妹です。姉の木村沙織選手と同じ下北沢成徳高校出身で、高校時代はインターハイや春高バレーに出場、2年生のときにはインターハイ3位の成績を残しています。

高校卒業後にVプレミアリーグの東レアローズに入部し、2010年にはアジア競技大会日本代表にも選ばれています。身長が161cmとチームでも1、2位を争う小柄ですが、現在もチームでは守備の要であるリベロのレギュラーとして活躍しています。

木村沙織選手と同じチームで姉妹ということもあり、「美人バレーボール姉妹」としてメディアによく取り上げられてきました。身長185cmある姉の木村沙織選手とは対照的に、木村美里選手は161cmと小柄な可愛らしさがある選手です。姉の影響でバレーボールを始め、尊敬している人にも母親と姉の沙織選手を挙げるなどの、お姉さん思いな可愛い一面もあります。

【Vプレミアリーグ・東レアローズ迫田さおり選手のプロフィール】

迫田さおり選手は東レアローズの攻撃の要となるウイングスパイカーとして活躍している選手です。垂直跳びで75cm飛ぶという脅威のジャンプ力を持ち、跳躍力を活かした速いバックアタックを武器としています。

迫田さおり選手は鹿児島西高校時代からセンターエースとして活躍、3年次には国体の鹿児島県選抜の一員として出場し3位入賞に貢献しました。高校卒業後に東レアローズに入団し、2009年シーズンからレギュラーを掴んで現在まで東レアローズの主力選手として活躍しています。

2014年にはVプレミアリーグ得点王に輝きました。国内だけでなく2012年のロンドン五輪、2016年のリオ五輪の代表選手にも選ばれ日本代表の上位入賞に大きく貢献するなど、国際大会でも活躍の多い選手です。

ショートカットが良く似合い、眉の上のほくろが可愛い迫田さおり選手。木村沙織選手と同じ「さおり」という名前なので2人で「Wサオリン」と呼ばれることもあり、よく美人アスリートとしても一緒に名前が挙がる選手です。

【Vプレミアリーグ・東レアローズ元選手高田ありささんのプロフィール】

高田ありささんは2016年5月まで東レアローズに所属していた選手です。九州文化学園高校時代から春高バレー・インターハイ・国体の3冠に導くなど高校時代から才能の片鱗を見せていました。

高田ありささんは高校卒業後に東レアローズに入団。入団後には身長の低さからセンターからライトプレーヤーに転向、主力選手として活躍。2008年の東レアローズのリーグ初優勝などに貢献し、同期の木村沙織選手らとともにVプレミアリーグで東レの黄金時代を築いた中心的選手となりました。

選手としては2016年5月に現役引退を発表し、現在は東レの社業に専念しています。プレーでも大活躍しましたが、「アジアンビューティー」とメディアで言われるほど容姿に注目が集まった選手でした。木村沙織選手とともに美人アスリートとしてよく紹介された選手でもあります。

【Vプレミアリーグ・東レアローズ元選手二見梓さんのプロフィール】

二見梓さんは2015年まで東レアローズに所属していた選手で、現在はビーチバレーに転向して活躍している選手です。強豪校の大和南高校出身で春高バレーでベスト8、国体でもベスト4に入るなどの活躍をし、当時からルックスが注目されていた選手です。

高校卒業後、Vプレミアリーグの東レアローズに入部。ミドルブロッカーなどのポジションで活躍、何度か全日本の代表選手に選ばれたこともありました。2015年に現役を引退、現在はビーチバレーに転向して2020年の東京オリンピック出場を目指しています。

坂口佳穂選手などルックスで注目を集める選手の多いビーチバレーボール。可愛い二見梓さんが東京五輪に出場すれば、そのルックスで大きな注目を浴びることでしょう。

Vプレミアリーグのオススメ記事はコチラ

【美人ぞろいのVプレミアリーグの名門・東レアローズを応援しよう!】


(出典:pixabayより)

今回は歴史あるVプレミアリーグの名門チーム「東レアローズ」の監督や主な美人選手たちのプロフィールをご紹介いたしました。Vプレミアリーグには、東レアローズだけでなく他のチームにも美人選手たちが揃っています。美人アスリートたちが躍動するVプレミアリーグの試合にぜひ足を運んでみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。