2016/2017年シーズンいよいよ開幕!バレーボールVプレミアリーグの注目選手をご紹介!

Vプレミアリーグ。2016/2017年シーズンは国内リーグ発足50年という節目を迎えますが、今シーズンから新大会方式が採用されこれまで以上に見ごたえのあるシーズンになりそうです。本日は2016/2017年シーズンに活躍が期待される注目選手を男女3人ずつご紹介します。

2016/2017年シーズンに、国内リーグ発足50年という節目を迎えるバレーボールVプレミアリーグ

今シーズンは男子が10月22日、女子が10月29日にそれぞれ開幕し、Vプレミアリーグの頂点を目指して、各チームが熱い戦いを繰り広げます。

Vプレミアリーグでは今シーズンから新大会方式としてビデオ判定システム「チャレンジシステム」の導入や、ファイナル3とファイナルでの「ゴールデンセット方式」の導入も決まっており、これまで以上に見ごたえのあるシーズンとなること間違いなしです。

そこで今回は、2016/2017年シーズンに活躍が期待される注目選手を、男女3人ずつ厳選してご紹介したいと思います。

【Vプレミアリーグ・女子注目選手その1】 高さを生かしたスパイクが武器/長岡望悠(久光製薬スプリングス)

久光製薬スプリングスのウイングスパイカーとしてチームを牽引する長岡望悠選手。

2015/2016年シーズンのVプレミアリーグでは、チームを優勝に導く活躍で最高殊勲選手賞(MVP)を獲得しているほか、今年は自身初となるオリンピック出場も果たし、全日本のサウスポーエースとしても活躍が期待されている選手です。

彼女の武器は何と言っても「高さ」を生かしたスパイク。身長は179cmとアタッカーとして決して大きくはないものの、ジャンプをした時の最高到達点は全日本女子で最も高い310cm。

この高さを生かし、ブロックの上からスパイクを放ったり、強烈なバックアタックを決めたりできる点は、彼女の最大の強みであると言えます。

また、ジャンプの滞空時間が他の選手よりも長く、相手のブロックのタイミングをずらすことができる点も、得点力を生み出すポイントとなっています。

サウスポーエースとして抜群の存在感を誇り、大林素子2世とも呼ばれている長岡選手。今シーズンのVプレミアリーグでもチームのキープレーヤーとなる注目選手であることは間違いありません。

【Vプレミアリーグ・女子注目選手その2】 経験がもたらすプラスの効果/木村沙織(東レ・アローズ)

10年以上日本のトップに立ち、国内のみならず、世界のプレーヤーと戦い続けている木村沙織選手も注目選手の一人です。自身にとって4度目のオリンピック出場となった今年のリオ大会では、全日本のキャプテンとしてコートに立ちました。

木村選手は2012年のロンドンオリンピックの後に全日本チームを引退することを決意していましたが、「キャプテンとしてチームに戻ってきてほしい」と真鍋政義監督の説得を受け、最終的には「悩んだときは後悔しない選択肢・難しい選択肢を選ぶ」という思いを持って、今日まで全日本のキャプテンとしてチームを牽引してきた経緯があります。

彼女が長年、日本のトップ選手として活躍し続けられる理由は、こうした向上心があるからこそと言えるかもしれません。キャプテンとして臨んだ今回のオリンピックでは「すべてがこれまでと違った」と語っていた木村選手。

そうした一つ一つ経験から得たものは相当大きかったということが、インタビューなどを聞いていても分かります。この経験は、Vプレミアリーグのなかでも、自身やチームメイトにプラスの効果をもたらすことは間違いありません。

彼女の武器である抜群のセンスから繰り出される「変幻自在のスパイク」で、チームを勝利に導くことができるかどうかが優勝のカギを握ります。

【Vプレミアリーグ・女子注目選手その3】 次世代エースとしての期待/古賀紗理那(NECレッドロケッツ)

https://twitter.com/1008Ari/status/769483888959688704?lang=ja

2015/2016年シーズンに最優秀新人賞を獲得し、全日本の次世代エースとしても期待されている古賀紗理那選手。16歳で全日本女子のメンバーに選ばれ、国際試合デビュー1年目から得点ランキング世界5位をたたき出すほどの逸材として注目されています。

「ポスト木村沙織」とも呼ばれる彼女の武器は、ストレートスパイクでもクロススパイクでも変わることのない「フォーム」。古賀選手は、スパイクを打つ前の動作フォームがストレート・クロスをどちらの場合も完全に一致しており、相手ブロッカーは、彼女がスパイクを打つまでコースを予測することができません。

また、真鍋監督も称賛する「空中でどこのブロックスペースが空いているか」を瞬時に判断する能力にも長けており、これらが確実な得点力を生み出す要因になっていると言えます。

今回のリオオリンピックでは、代表メンバーから落選してしまったことも話題となりましたが、古賀選手はまだ20歳になったばかり。

持ち前の向上心で、ここからの大きな飛躍が期待されています。2015/2016年シーズンのVプレミアリーグでも、センスあふれるプレーをたくさん見せてくれること間違いなしの注目選手です。

【Vプレミアリーグ・男子注目選手その1】 若手に負けないパワーと存在感/イゴール・オムルチェン(豊田合成トレフェルサ)

https://twitter.com/ZAKIvalley/status/711043147426451456?lang=ja

2015/2016年シーズンのVプレミアリーグで、念願の初優勝を飾った豊田合成トレフェルサ。その原動力となった選手の一人が、長年クロアチア代表としても活躍を見せてきたイゴール・オムルチェン選手です。

2015/2016年シーズンでは最高殊勲選手賞(MVP)を獲得し、ベスト6にも選出されているほか、得点王とサーブ賞を獲得していることからも、チームへの貢献度の高さをうかがい知ることができます。

イゴール選手は、前述のようにクロアチア代表として2000年から活躍を見せてきたベテランであり、イタリア・セリエA1ではルーベ・マチェラータの主将として、リーグ優勝やコッパ・イタリアを連覇に貢献するなど経験が豊富な注目選手でもあります。

2016年で36歳を迎えたイゴール選手ですが、最高到達点360cmを誇る「高さ」だけでなく、日本人にはない強靭な「パワー」を兼ね備えており、若手に負けず劣らず、チームでも抜群の存在感を誇ります。

連覇を狙う豊田合成トレフェルサにとっては、イゴール選手の存在を欠かすことができません。

【Vプレミアリーグ・男子注目選手その2】 王座奪還のキープレーヤー/清水邦広(パナソニックパンサーズ)

2015/2016年シーズンのVプレミアリーグでは、優勝決定戦でフルセットの末に悔しい敗戦となったパナソニックパンサーズ。王座を奪還すべく始動したパナソニックパンサーズの注目選手と言えば、長年、日本代表を率いてきた絶対的エースでもある清水邦広選手でしょう。

日本人離れした肉体とパワーを誇り、「ゴリ」という愛称で知られている清水選手。世界トップクラスの破壊力を持つスパイクを武器に、全日本チームではもちろんのこと、パナソニックパンサーズでも数多くのタイトルを獲得しています。

2015/2016年シーズンは「納得のいく結果がでなくて、とても悔しいシーズンになってしまった」と語っており、チームとして王座を奪還することはもちろんのこと、個人としても、武器であるスパイクだけでなく、サーブやブロックなどでも点をとれる「点取り屋」としてチームに貢献したいという意気込みを見せています。

清水選手が、プレー面・精神面でチームをどれだけ牽引できるかどうかが、優勝のカギを握っています。

【Vプレミアリーグ・男子注目選手その3】 破壊力抜群のジャンプサーブ/柳田将洋(サントリーサンバーズ)

https://twitter.com/kk_1043s2/status/764221868056285184?lang=ja

バレーボール界のプリンスとして、女性ファンからも人気が高い柳田将洋選手。彼の最大の武器は最高時速110キロを誇り、「YGDバズーカ」や「ミサイルサーブ」と呼ばれるジャンプサーブでしょう。

「世界一美しい」とも称されるフォームから繰り出されるジャンプサーブは、相手選手のレシーブを崩し、流れを呼び込むパワーに溢れています。また、身長186センチとスパイカーとしては決して大きくないものの、スパイク決定率が高い点も彼の強みと言えます。

スパイクのバリエーションが豊富で、何をしてくるか予測できない技術を持っていることが決定率の高さにつながっている部分と言えるかもしれません。

2015/2016年シーズンのVプレミアリーグでは最優秀新人賞を獲得しているほか、全日本代表として国際大会の経験も着実に積み重ねており、さらなる飛躍が期待される注目選手であることは間違いありません。

サントリーサンバーズを優勝に導くべく、彼がどれだけチームに貢献できるかどうかに注目です。

Vプレミアリーグのオススメ記事はコチラ

バレーボール Vプレミアリーグの注目選手を見逃すな!

今回は、Vプレミアリーグの男女の注目選手を厳選してご紹介しましたが、活躍が期待される選手は各チームにまだまだたくさんいます。冒頭でお話ししたように、今シーズンから「ゴールデンセット」が導入されることにより、一発勝負だった「ファイナル3」と「ファイナル」が2戦方式に変更となります。

これが、優勝の行方にどう左右するかも見どころの一つと言えるかもしれません。そうした新方式のリーグ戦の中で、それぞれの選手が自身の強みをどれだけ出すことができるかどうかにも注目です。

来春にコート上で笑顔を見せるのはどのチームでしょうか。熱い戦いに期待が高まります。Vプレミアリーグのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。