サンロッカーズ渋谷アイラ・ブラウン選手に迫る!異例の経歴とプロフィール・エピソードを紹介

サンロッカーズ渋谷のアイラ・ブラウン選手を紹介!!東京都渋谷区をホームタウンとし、大学の施設をホームアリーナにしているサンロッカーズ渋谷。地域の特性や関わりに注目。所属するアイラ・ブラウン選手はMLBのドラフト指名を受けた異例の経歴を持つバスケットボール選手!!アイラ・ブラウン選手の経歴・プロフィールを紹介します!!

東京都渋谷区がホームタウン 若者の街にあるサンロッカーズ渋谷

2016年にB.LEAGUEが開幕するにあたり、2015年4月に各地でB.LEAGUE B1・B2・B3リーグで戦うためのライセンス獲得の動きが活発になりました。当時のトップリーグだった、NBLとTkbjリーグに所属していたチームを始め、47クラブが参加の申請。2015年8月、B.LEAGUE B1に参加する18チームが発表されました。

その中で、B.LEAGUE B1中地区のサンロッカーズ渋谷(日立サンロッカーズ東京・渋谷)は、東京都渋谷区をホームタウンにしています。NBLの「日立サンロッカーズ東京」がB.LEAGUE参入に伴い出来たチームです。ホームアリーナは青山学院記念館(青山学院大学内)で、プロリーグで大学の体育館がホームアリーナになることは初のことでした。

今回は、そのサンロッカーズ渋谷で大活躍中のアイラ・ブラウン選手に注目します!!

2011年に来日して、日本のリーグでは6シーズン目。2014年に日本人女性と結婚し、2016年に日本に帰化して日本代表に選ばれるほどの実力者です。野球経験者でMLB(メジャーリーグ)のチームと契約したエピソードがあるアイラ・ブラウン選手のプロフィール・経歴・エピソードをご紹介します。

アイラ・ブラウン選手のプロフィール

プロフィール

  • 名前    :アイラ・ブラウン
  • 生年月日  :1982年8月3日(34歳)
  • 身長    :193cm
  • 体重    :105kg
  • 出身地   :アメリカ合衆国
  • 国籍    :日本(2016年日本国籍取得)
  • ポジション :スモールフォワード/パワーフォワード
  • 背番号   :33
  • バッシュ  :NIKEのバッシュ
  • 結婚    :既婚

所属チーム

2010 コラス・デ・テピック(メキシコ)
2010-2011 アソシエーションエスパノラ(アルゼンチン)
2011 サンミゲル ベールメン(フィリピン)
2011 レガートスUANデテピック(メキシコ)
2011-2014 富山グラウジーズ(bjリーグ)
2014- サンロッカーズ渋谷(NBL 日立サンロッカーズ東京)

高校時代は野球に情熱を燃やす

子どもの頃から野球をしていました。高校で野球のシーズンではない時にバスケットボールをする程度で一番力を入れていたのが野球でした。

ポジションはピッチャーで、最速145kmの速球を投げていました。2001年の高校卒業時にはMLBのドラフトでカンザスシティ・ロイヤルズに8巡目、全体の235位で指名を受けました!!大リーグを目指し5年は頑張ろうと決意し、2004年にマイナーリーグクラスAまで昇格しますが、肘の故障のため2005年に引退。故障のため野球の情熱を失い、大学でバスケットボールをやる決意をしました。

自信のあったバスケットボール

恵まれた体格と運動能力でバスケットボールでも存在感をすぐに発揮しました。日々の努力も惜しまず、頭角を現し、大学バスケットボールチーム名門のゴンザガ大学でプレーをします。

大学卒業時にはNBADLのチームにドラフト指名されるものの、キャンプには参加せず、海外でのプロ選手の道を選びました。

アイラ・ブラウン選手のプレースタイル

身長193cmのアイラ・ブラウン選手ですが、バスケットボール選手の中ではさほど大きい選手ではありません。ですが、垂直飛びでは約125cmを記録!!身長が高い選手との戦いにも引けを取りません。日本でプレーしているときには「ダンクマシーン」の異名を持っていました。

大学卒業後、海外の様々なチームでプレーしたことにより、求められたポジションはどこでもプレーできるようになりました。インサイド・アウトサイドのどちらからでも得点が出来て、パスセンスも抜群です。

個人成績では、bjリーグの富山グラウジーズ在籍時に、週間MVPの獲得やシーズンベスト5に選出。NBLの日立サンロッカーズ東京在籍時には、オールスターゲームのスラムダンクコンテストに出場し、優勝しています。

アイラ・ブラウン選手は富山グラウジーズとサンロッカーズ渋谷共にファンの熱狂度に感銘を受けているエピソードがあります。ファンのSNSに、ファンと笑顔で撮った写真がたくさん載っています。勝った時には一緒に喜び、負けた時は一緒に泣けるファン。いろいろな地域でプロとして活躍してきたアイラ・ブラウン選手だからこそ感じるものがあるのではないでしょうか!?

サンロッカーズ渋谷のホームタウン東京都渋谷区

渋谷区はバスケットボールの聖地と言われています。1964年の東京オリンピックのバスケットボール競技の専用体育館として建設されたのが代々木第2体育館というエピソードがあります。2011年には渋谷センター街が「バスケットボールストリート」と名所が変更され、ストリートの入り口にバスケットゴールが飾られました。

東京都の副都心とされ、オフィス街や繁華街・商業施設が多くあり、ファッションの中心地になっています。代々木公園や明治神宮があるため、都心でありながら広大な緑地があり、都内有数の高級住宅街が点在しています。観光地もたくさんあり、外国人観光客も多い町です。

サンロッカーズ渋谷はホームアリーナの決定に難航し、私立大学である青山学院大学の施設を借りることが決定。メインスポンサーに日立製作所があるとはいえ、チームの補強にはお金が必要にあります。

渋谷というたくさんのオフィス・企業・商業施設がある中、スポンサー探しに適している立地です。ファッションの中心地として、ユニフォームやバッシュ・その他グッズの作成に期待ができます。ホームアリーナも大学施設ということで、大学生・高校生も興味が湧き、若者の多い町の利点も活かせるのではないのでしょうか!?

サンロッカーズ渋谷はファンの拡大のターゲットは「子ども」にしています。地元の子どもたちを試合に招待したり、バスケットボール教室を開きコミュニケーションを取っています。将来的にはサンロッカーズ渋谷が強くなること、日本代表選手が渋谷から出ることで地域貢献ができるのか、注目できるところでしょう!!

同じ東京を本拠地としている強豪のアルバルク東京

現在(2017年4月16日終了時点)激戦のB1東地区の2位に位置し、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2016-2017」に進出を決めている「アルバルク東京」。元NBA選手やベテランの日本代表経験者、期待の若手と選手層の厚いチームです。

サンロッカーズ渋谷はB1中地区なので、アルバルク東京とはシーズン中の試合数は2試合で、「渋谷ダービー」として注目されました。サンロッカーズ渋谷が中地区2位もしくはワイルドカードで進出が決まれば、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2016-2017」での「渋谷ダービー」が開催され注目をされるでしょう!!

リーグ終盤の好調を維持するアイラ・ブラウン選手

最新試合(2017年4月16日)対新潟アルビレックスBBでは、個人成績22得点13リバウンド6アシスト3本のダンクと絶好調のアイラ・ブラウン選手。サンロッカーズ渋谷も疲れが溜まっている中「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2016-2017」進出を決めるため、気が抜けないリーグ終盤を戦っています。

サンロッカーズ渋谷とダンクマシーンとしてのアイラ・ブラウン選手も注目ですが、力強いリバウンド、仲間を活かすアシストと個人成績も見逃せません!!

関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。