これ知っていたら相撲通!大相撲用語を一挙紹介!

日本の国技でありながら、日本人の一般的な生活とは別世界を見られる相撲。大相撲で使われる用語も独特なのですよ。こちらでは、知っていると大相撲観戦で得するかもしれない大相撲用語を紹介します!こっそり覚えておきましょうね。

日本の国技でありながら、日本人の一般的な生活とは別世界を見られる相撲

プロの相撲・大相撲でも、外見や国技館、ルールをはじめ、独特の世界があります。

大相撲で使われる用語も独特なのですよ。こちらでは、知っていると大相撲観戦で得するかもしれない大相撲用語を紹介します!こっそり覚えておきましょうね。

大相撲用語:「ちゃんし」はあの言葉が訛ったものです

大相撲の力士が使っている言葉で有名なのが「ごっつあんです」ですよね。懸賞金を多くもらった人気力士について書かれた新聞見出しでも「ごっつあんです」が使われています。

「ごっつあんです」の意味は想像つくでしょう。「ごちそうさまです」から来ています。山陰や東北など、方言で「ご馳走」を「ごっつぉ」と呼ぶ地域もあるでしょう。相撲の世界では「ありがとうございます」ですが、何かを借りるときに「いただきます」や「お願いします」という意味で使われることも。

経験を力士の中には、「ちゃんし」と言う人も多いのですが、これは「ごっつぁん」が簡略化された形で訛ったものです。

相撲以外の場面では、「ごっつぁんゴール」など、実力よりも運で成功したときに「ごっつぁん」という言葉を使う傾向もありますよね。

大相撲用語:なぜ「角界」?「角番」と関係あるの?

大相撲界のことを「角界」と言いますよね。マスコミでは、イケメン外国人力士を「角界のベッカム」と呼んだり、力士を「角界の○○」と呼ぶケースもあります。ミュージシャン・デーモン閣下さんや漫画家・やくみつるさんのような相撲が好きな人のことを「好角家」と言うこともあります。

ところで、なぜ「角界」なのでしょうか?「角」ってどこから来ているのでしょう?「角」とは中国語で「比べる」という意味があります。武術の力比べ「角力」を江戸時代の日本では「すもう」の当て字として使っていたそうです。

ちなみに「角番」はカドバンと読みます。これは囲碁や将棋の世界から来た言葉です。角番は大関に使われます。負け越した場合に大関の座から陥落するかもしれない場所で勝ち越すと「角番脱出」「角番から残った!」と記事に書かれますよね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。