両国国技館で大相撲観戦デートはいかが?

デートで大相撲なんて盛り上がらなさそう?いいえ、江戸東京博物館からちゃんこ屋まで、両国の街には1日楽しめるデートスポットがいっぱい!観戦に良い時間帯の説明や、マス席の詳細など相撲観戦デートを楽しむためのポイントを分かりやすく解説します。

最近は「スー女」などの20代、30代女性の相撲ファンも増えてきましたが、野球やサッカーに比べるとまだまだ老人が観るスポーツという印象が強い大相撲。デートで相撲観戦なんて考えられないという方に、両国国技館での相撲観戦デートを半日楽しめる方法をご紹介します。最近はデートといっても映画や家でダラダラすることが多い、デートスポットは行き尽くしたという方は是非、最後まで読んでください。

相撲観戦の前に江戸東京博物館に寄ってみよう

両国駅から徒歩3分、両国国技館の隣にあるのが江戸東京博物館。博物館と聞くと、子供や観光客が行く所だと思ってしまいがちですが、この博物館は江戸時代の暮らしぶりや東京の歴史、文明の発展や高度成長期などの歴史を実物の資料や復元模型等を用いて紹介しており、老若男女楽しむことができます。大相撲観戦の前にちょっと江戸東京博物館に寄って東京の歴史に触れてみましょう。

大相撲チケットは事前に予約が必須

大相撲のチケットは大きく分けて、たまり席、マス席、椅子席の3種類あります。土俵に近いところから、たまり席、マス席、椅子席の順となっており、値段も土俵に近いほど高くなります。デートでオススメなのはちょっと値が張るものの、迫力ある取り組みを見ることができるマス席。靴を脱いで一区切りになった座敷のようなスペースでリラックスして観戦することができます。

マス席には食事とお土産がセットで付いているものと席だけのものがあり、相撲観戦をしながら食事とお酒も楽しみたい方はセットのチケットを、相撲観戦後に両国のちゃんこ屋などで食事をする方は席のみの予約にすると良いでしょう。最近は大相撲人気が続いており、チケットを早めに予約しないと入手困難のため、観戦する日にちが決まったらすぐに予約をすることをお勧めします。

両国国技館は見所満載

大相撲の取り組みは実は朝9時頃から番付の下の力士の取り組みが行われていて、最後の取り組みである結びの一番は午後6時前。しかし、午前中から国技館の中に入っても館内はガラガラで見所のある取組はありません。国技館には十両の取組や幕内力士の土俵入りに合わせて午後3時くらいに着くようにしましょう。そして、国技館に着いたら広い館内を探検してみましょう。おみやげショップや食事処だけでなく、入場無料の相撲博物館や相撲案内所の集まるお茶屋通りなど、相撲の歴史と文化を感じることもできます。館内の至る所にある力士の記念写真用パネルで、好きな力士と思い出の一枚もぜひ。

大相撲観戦は16時以降の取組が面白い

16時になると幕内力士の取り組みがスタートします。この時間になると館内はほぼ満席、取組ごとに大きな応援と歓声が響くようになります。注目するのは取組だけではなく、土俵上の「仕切り」という動作にも力士の個性や特徴、こだわりを見ることができます。塩を手にたくさん持って豪快に投げる力士、体のあちこちを触って気合いを入れる力士、鋭く相手を睨みつけて相手を威嚇する力士など様々です。事前に人気力士の特徴を把握して、恋人に解説してあげると会話も盛り上がるでしょう。取り組みが進むにつれて、幕内上位力士、小結、関脇、大関の三役、横綱の登場と結びの一番に向けて館内も盛り上がります。横綱や優勝争いをしている力士の取り組みには特に注目して観戦しましょう。

大相撲デートは相撲だけでなく、両国の街も楽しむ

両国は国技館があるだけでなく、相撲の街として発展してきた歴史があり、相撲部屋がたくさんあるだけでなく、元力士が営業しているちゃんこ屋も多いのが特徴です。大相撲観戦後はちゃんこを食べてお腹も満足させて終えると大相撲観戦デートを楽しく終えることができるでしょう。また、相撲は難しいルールがなく、土俵を先に割るか、倒れた方が負けという分かりやすいところもデート向きです。ぜひ普段とは一味違う大相撲観戦デートで楽しい思い出を作ってください。

大相撲の情報はこちらから♪

  • 大相撲初心者もこれだけ押さえておけばOK!2016年注目の力士5人
  • もうすぐ5月場所開幕、大相撲観戦初心者でも相撲を楽しむための相撲の基本って?
  • 力士に萌える「スー女」が大相撲人気を引っ張る!
  • すぐに売りきれてしまう大相撲のチケットもチケットキャンプ(チケキャン)なら定価以下でも買える!!ぜひ若の里引退西岩襲名披露大相撲や旭天鵬引退大島襲名披露大相撲のチケットもまだ間に合う!!

    友達に教えたくなったらシェアを!

    コメントお待ちしております

    ※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。