大相撲名古屋場所(七月場所)の日程と見どころは?

横綱白鵬が全勝優勝で、大横綱の健在ぶりを誇示した五月場所。日本人横綱の期待がかかる稀勢の里は優勝争いを演じたものの、最後は白鵬、鶴竜の2横綱に連敗し、13勝2敗で終えました。次は七月の名古屋場所。その日程と見どころをご紹介します。

横綱白鵬が全勝優勝で、大横綱の健在ぶりを誇示した五月場所。日本人横綱の期待がかかる稀勢の里は優勝争いを演じたものの、最後は白鵬、鶴竜の2横綱に連敗し、13勝2敗で終えました。

ここのところ、横綱・大関陣の上位力士が優勝を争う、見ごたえのある場所が続いています。次は大相撲名古屋場所(七月場所)。その日程と見どころをご紹介します。

大相撲名古屋場所(七月場所)の日程と概要

大相撲名古屋場所(七月場所)は、初日が7月10日(日)、千秋楽が7月24日(日)。2週間にわたって、愛知県体育館(地下鉄名城線市役所駅すぐ)にて開催されます。

チケットは5月19日から販売されていて、土日や、横綱・大関同士の取り組みが組まれる後半戦ほどいい席が早く埋まっているので、観戦する場合は早めに購入するようにしましょう。

名古屋場所オリジナルの企画として、横綱・大関と写真撮影付きのチケットや、貴乃花親方との記念撮影付きチケットも販売されています。一生の思い出を作りたい方は、ぜひこれらもチェックしてみてください。

大相撲名古屋場所(七月場所)の見どころは?

優勝候補は、幕内最高優勝37回の歴代最多優勝を誇り、五月場所も全勝優勝を遂げた横綱白鵬。そして、そんな白鵬に対抗するのは、二場所連続で13勝をあげ、次の名古屋場所で優勝すると横綱昇進が確実とされる大関稀勢の里です。

稀勢の里は、日本人横綱が13年以上も不在であることから、日本の相撲ファンから「日本人横綱誕生を」との期待を一身に背負っています。五月場所は全勝対決で白鵬に敗れて横綱昇進が断たれただけに、なんとかリベンジを果たしたいところ。名古屋場所は、稀勢の里の綱取りの場所としてニュースなどでも取り上げられていて、稀勢の里には大きなプレッシャーがかかるなか、序盤で星を落とすことなく期待に応えてがんばってほしいものです。

ほかに優勝争いに絡んできそうな力士は、日馬富士と鶴竜の横綱陣と大関琴奨菊。名古屋場所も横綱・大関陣を中心に優勝争いが展開されるでしょう。

大相撲名古屋場所(七月場所)期待の若手力士は?

五月場所に前頭8枚目で11勝4敗の好成績を残し、敢闘賞を受賞した御嶽海が、いま一番勢いのある若手力士として期待を集めています。年齢は23歳。東洋大学時代に学生横綱、アマチュア横綱のタイトルを獲得して2015年に出羽海部屋へ入門すると、初土俵から3場所目で十両優勝。5場所目で前頭11枚目で幕内デビューというスピード昇進を果たした力士で、突き押しを得意とする豪快な取り組みぶりも評価され、早くも近い将来大関になるのではとの声もあがっています。

25歳で若手から中堅に差しかかってきた遠藤も、復活へ向け重要な場所となりそうです。端正な顔つきで「スー女」から圧倒的な人気を誇ってきた遠藤ですが、ここ2年間は相次ぐ怪我に泣かされ十両に落ちるなど、土俵では本来の力を発揮できませんでした。しかし、五月場所は前頭15枚目で11勝4敗と、久しぶりに存在感を見せつけました。相撲の取り口のうまさは相変わらずで、怪我さえしなければ上位で活躍できる力を持っているだけに、名古屋場所でも二桁を目指して完全復活を遂げたいところです。

身長173cm、体重127kgと小柄な23歳の宇良も注目を集めています。かつての舞の海を思わせる、レスリング経験を活かしためずらしい技を繰り出す取り口が魅力で、五月場所では十両で10勝5敗の好成績をおさめました。力士の大型化に反する個性的な小さい力士の活躍で、土俵がさらに盛り上がることでしょう。

大相撲名古屋場所(七月場所)で、夏の暑さに勝る熱戦を期待しよう!

昨年は、横綱白鵬の取り組みに衰えが見え、大横綱も力が衰えたかとされたなか、三月場所、五月場所と連覇を果たし、相変わらずの強さを見せつけた白鵬。その白鵬に対し、綱取りの期待がかかる稀勢の里、横綱の存在感を見せたい鶴竜と日馬富士が挑みます。名古屋場所がはじまるのは7月10日から。ぜひ名古屋場所での熱戦を楽しんでください。

大相撲の情報はこちらから

すぐに売りきれてしまう大相撲のチケットもチケットキャンプ(チケキャン)なら定価以下でも買える!!ぜひ大相撲名古屋場所(七月場所)のチケットを探してみよう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。