相撲の取組みになぜ塩をまくの?相撲と塩の意外な関係。

相撲の取組みの際に、まかれる塩。力士によっては、すごい量をまかれるかたもいます。なかには,まいた際に、大きな歓声が沸き起こる方もいます。しかし、この塩、なぜまくんでしょうか。 古来、塩は、神道で穢れを祓い、清めるものとして扱われてきました。そこから、神道行事はもちろんのこと、葬儀の際に身を清めたり、玄関先に塩の小さい山を置いたりされてきました。

相撲の取組みの際に、まかれる塩。力士によっては、すごい量をまかれるかたもいます。なかには,まいた際に、大きな歓声が沸き起こる方もいます。しかし、この塩、なぜまくんでしょうか。

古来、塩は、神道で穢れを祓い、清めるものとして扱われてきました。そこから、神道行事はもちろんのこと、葬儀の際に身を清めたり、玄関先に塩の小さい山を置いたりされてきました。はたまた、嫌な客が来た際に「塩持ってきておくれ!」なんて風景を、ドラマや日常でご覧になった方もおられるのではないでしょうか。

相撲の塩も、この一環。土俵を清めて、力士が怪我をすることのないように、という祈りの儀式です。この行為は、相撲の歴史と深く関わっています。今回は、相撲と塩について、少しご紹介したいと思います。

相撲は神事。塩は清めるもの。

相撲は、言ってしまえば格闘技。世界各地にある、格闘技の一種です。日本では、古事記や日本書紀に、その神話や、行事として行われた記録が記されています。

それらによると、そもそもは、農作物の収穫を占う、まさに神事であったようです。それが、宮廷の行事となり、制度化、慣例化していったとのこと。

そこから、相撲は神事、土俵は神聖な場所とされ、神道で使用されることの多い、塩が清めのために、まかれるようになったのです。清めの塩、力塩、波の花とも言われます。

同様に、取組み時に水で口をゆすぐ行為や、紙でそれをぬぐう行為も、長い歴史のなかで清めの行為として、かたちづくられてきたもの。水のことを力水と呼ばれるのを聞いたことがある方は、おられるかも知れません。

塩の効果と相撲の関係

あくまでこれらは神話や歴史の話。昔の人にとっては、これで納得のいく話でも、今の人にとっては、納得いかないかも知れません。「科学的根拠内ならやめればいいじゃないか」そうお思いになる方もおられるかも知れません。

しかし、一概に無意味な儀礼的行為として、言い切ることはできません。塩というのは、防腐・防菌の効果があり、塩漬けなどに、その例を見てとることができます。昔は、塩で歯を磨いたなどとも言われるように、実際に清める効果があるからこそ、土俵でも、傷の殺菌のために、使われるようになったと言われています。

昔の風習が、実は隠された根拠があったというのはよく耳にします。これもまたそういった例のひとつなのかもしれませんね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。