大相撲の懸賞金がよくわかる!懸賞金急増中のワケとは

ここ数年、大相撲の懸賞金が増加しています。土俵の周りをぐるっと回る、あの旗を懸賞旗と言って、幕内の取組にかけられた懸賞金の数を表わしているもの。大相撲にかけられる懸賞は、 1本あたり62,000円。懸賞金急増中のワケに迫ります!

ここ数年、大相撲の懸賞金が増加しています。大相撲をご覧になったことのある方なら、おわかりかと思います。幕内の取組みで力士の名が呼ばれる際に、土俵の周りをぐるっと回る、あの旗です。

あの旗を懸賞旗と言って、幕内の取組にかけられた懸賞金の数を表わしているもの。大相撲にかけられる懸賞は、 1本あたり62,000円。15本以上から、かけることが可能です。

残念ながら、個人名ではかけることができず、企業名や商品名でないと無理とのこと。以前、タレントのはなわさん、そして、あのポールマッカートニーさんが、かけられた際は、共にCDの告知としてかけられました。

大相撲の懸賞金ってどんな仕組み?

大相撲の懸賞金は、そのまま全額が力士の懐に入るわけではありません。場内放送や取組表への掲載料、すなわち広告掲載料として、1本あたり5,300円が。それ以外の56,700円が、26,700円が納税充当分として天引きされ、残りが勝利した力士へと渡されます。

この納税充当分ですが、決して協会に手渡されるわけではなく、引退時に力士へと渡されるとのこと。つまり、積立金のようなもの。あって欲しくはないですが、追徴課税などがあると、ここから差し引かれるようです。

遅かれ速かれ、6万円あまりが、見ている側から力士へ渡るわけです。大相撲というと、堅苦しいイメージを持たれる方もおられるでしょう。しかし、この懸賞金の仕組みは、大相撲が良くも悪くも勝利のみを優先したスポーツではなく、人気や娯楽しての側面を重視している証拠だと思いませんか。

大相撲の懸賞金が多いのは、人気と強さの証!

この大相撲の懸賞金、自然と、人気力士や上位力士へと集中します。1つの取組みには、原則最大で50本。森永賞という、ファン投票でかけられる、森永製菓の懸賞金が、東京開催の場所のみで設けられているために、それを入れると51本。

これまでの懸賞金の懸賞本数の記録は、2015年1月場所千秋楽の白鵬と鶴竜の取組みでの61本。「あれ?」とお思いになる方もおられるでしょう。この際は、場所全体で多数の懸賞金が集まり、1625本という歴代1位の記録を打ち立てたための、特例措置だとのこと。この記録以下では、2006年9月場所の千秋楽に、51本が朝青龍と白鵬の取組みにかけられました。

やはり、懸賞は横綱の取組みに集中することが多く、2015年1月場所でも白鵬が群を抜いて545本。なんとも、うらやましい金額です。それ以下の取組みでは、懸賞金の本数は落ちるものの、近年の人気力士の登場で、状況が変わってきています。関脇以下の取組みでは、2015年1月場所初日の、遠藤と逸ノ城の対戦に21本、2014年9月場所千秋楽の大砂嵐と遠藤の取組みに25本が、記憶に新しいところです。やはり、昨今の人気を支える力士に集中していますね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。