【動画】相撲は寄りや押しだけじゃない!激レア大技集をYouTubeで!

相撲の決まり手は、現在82手もあります。この中には、たまにしか見られない大技がいくつかあります。そういった技が出ると、見る側としては、本当に興奮もの。今回は、そういった大技を少しご紹介します。

相撲を見ていると「寄り切り」や「押し出し」で勝負が決するのをよく目にします。相撲に詳しくない方でも、相手を土俵際に追いやって、外に出す姿は、ご覧になったことがあるのではないでしょうか。それこそが「寄り切り」や「押し出し」です。実際、決まり手の統計からも、この二つが群を抜いています。

ただ、相撲の決まり手は、現在82手もあります。相撲の基本と言われる押しと寄り、ダイナミックな投げ、腕力を使った捻り、足を使う掛け、相手を持ち上げる反りなど。

この中には、たまにしか見られない大技がいくつかあります。そういった技が出ると、見る側としては、本当に興奮もの。今回は、そういった大技を少しご紹介します。

でかい相撲取りをぶん投げる!投げ手の大技編

○やぐら投げ

やぐら投げは、相手の体を引きつけて、膝を相手の内股に入れて、相手の体をつり上げ、投げ落とします。両者の力の差があってこその技。横綱朝青龍が、2009年名古屋場所において、日馬富士に対して使いました。なんとこのとき、34年ぶりですってよ!


(出典:youtube)

○一本背負い

説明不要かもしれません。一本背負いは、相手の片腕を両手でつかみ、背中越しに前方へ投げる技。自分の背後に付かれたときに使われます。体重差があると難しく、だからこそ、巨体同士の相撲では見応えのある技です。


(出典:youtube)

○二丁投げ

見るからに、柔道の払腰や大外刈り。二丁投げは、自分の足を相手の膝の外側にかけて、払い上げるように投げる技です。


(出典:youtube)

相撲の妙が光る、足下の攻防!掛け手の大技編

○三所攻め

両足、胸の三箇所を攻める技。内掛けや外掛けと、足取り、押しや寄りの三つを使い、片足を掛け、もう片方の足を手でとり、頭を胸につけて後ろに押して倒します。


(出典:youtube)

○河津掛け

他の掛け手である、切り返しや外掛けへの返し技。自分の足を、相手の足の内側にからめ、掛けた足と同じ側の腕を首に巻いて、後方に倒れ込む技です。同時に倒れても、相手が下になる捨て身戦法。


(出典:youtube)

○いぞり

相手が覆い被さるようになったときに、腰を低くして懐に潜り、相手の膝を抱えて押し上げ、後ろに反って倒す技。まるで、レスリングのスープレックスのようで、見ていて面白い技です。ただ、平成以降、幕内では使われていません。十両以下で数度、使用されています。


(出典:youtube)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。