大相撲幕内モンゴル人力士の対戦成績を大公開!白鵬や日馬富士の強さの秘密を大公開!

近年ますます盛り上がっている大相撲ですが、モンゴル出身のモンゴル人力士の活躍は目覚しいものがあります。2010年に現役を引退した超有名力士、朝青龍が、モンゴル人力士として始めて横綱に上り詰めてから今年で14年。大相撲界には現役・引退を問わず、多くのモンゴル人力士が輝かしい対戦成績を持っています。今回はそんな有名モンゴル人力を、対戦成績を交えてご紹介していきます。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士たち】


(出典:photoACより)

最近人気を取り戻している大相撲ですが、2003年に朝青龍が第68代横綱に昇進して以降、モンゴル出身のモンゴル人力士しか綱を取っていません。この強さには、モンゴルでの競技人口の多さに加え、騎馬民族ならではの足腰の強さと筋肉量の多さが関係しているとも言われています。

それまでの外国人力士といえば、曙に象徴されるように、体格の優位さで押し込むタイプの相撲だったのに対し、モンゴル人力士は体のバランスが良く取組の技も光ります。今回は、そんな大相撲を沸かせる有名モンゴル人力士について、対戦成績をまとめながら一挙に紹介していきます。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士 朝青龍(元横綱2010年引退)】

幕内対戦成績 596勝153敗76休(55場所)

朝青龍明徳は第68代横綱として2003年3月場所から2010年1月場所まで、7年間にわたって横綱を務め上げました。連続7場所優勝は大相撲の最長記録タイ、25回優勝は歴代4位という大横綱に相応しい記録を持っています。

気性が荒く不祥事も度々だったので、横綱としての品格が疑われたこともありましたが、勝つことにこだわり続ける相撲にはファンも多く、話題に事欠かなかった横綱と言えます。

引退後は、東モンゴルに20万ヘクタール(関東全域ほどの規模!)もの広大な農地を買収し、蕎麦栽培を行うなど事業家としても活躍しています。また、現在はモンゴル国レスリング協会の会長も務めています。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士 白鵬(現役横綱)】

幕内対戦成績 914勝163敗48休(75場所) 2016年12月現在

誰もが知っている白鵬翔第69代横綱もモンゴル出身のモンゴル人力士です。白鵬が横綱に昇進したのは2007年。それ以来、最強の横綱として大相撲の頂点に君臨してきました。

連勝記録63は歴代1位(ちなみに連勝記録の1位から4位まではすべて白鵬の記録です)、優勝回数37回も歴代1位、幕内通算勝ち星914勝も歴代1位というのですから、すさまじいです。

その取り口は、低い重心でがっぷり受けて最後は自分の型で勝つという横綱相撲そのもので、平成の大横綱として低迷する大相撲界を牽引し続けてきました。

多くの記録を打ち立てている白鵬ですが、全盛期は過ぎ現役引退が囁かれているのも事実です。現役でふんばっている今だからこそ、大相撲を支えた大横綱の雄姿を目に焼き付けておきたいものです。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士 日馬富士(現役横綱)】

幕内対戦成績 665勝350敗65休(72場所) 2016年12月現在

日馬富士公平は2012年に第70代横綱に昇進した現役モンゴル人力士です。大関在位が22場所を数え史上4番目のスロー昇進ではありましたが、白鵬との対戦成績21勝34敗(幕内力士最多)、優勝回数8回を数える実力のある力士です。

幕内で2番目に軽い力士で、スピードのある取り口が有名で、多くの重量級力士を翻弄し横綱にまで上り詰めました。また、「全身全霊」を好きな言葉に上げたり、よりきった相手力士が土俵下に落ちないように支える優しさを持つなど、その品行方正な姿も日馬富士の魅力の一つです。

ちなみに、幼少より集中力が強く、持ち前の集中力で2014年には法政大学大学院に合格しています。これは大相撲の歴史上初めてとなる快挙で、大学院生力士として現在も文武両道を貫いています。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士 鶴竜(現役横綱)】

幕内対戦成績 527勝340敗47休(61場所) 2017年1月現在

鶴竜力三郎は2014年に最も新しい第71代横綱として昇進しました。控えめな正確で礼儀正しく、多くの親方から愛されています。

初優勝が2014年で綱取りの時だったのですが、横綱審議委員会では鶴竜の横綱としての品格を絶賛する声が多く、全くもめることなく昇進が決まっています。組んでよし離れてよしのオールラウンダーで、土俵を上手く使う取り口が有名の力士です。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士 旭天鵬(元関脇2015年引退】

幕内対戦成績 697勝773敗15休(99場所)

旭天鵬の初土俵入りは1992年。これがモンゴル人力士が初めて大相撲に登場した瞬間でした。以来、旭天鵬は2015年まで相撲をとり続け、40歳になっても現役を貫く強靭な精神力から「角界のレジェンド」と呼ばれることもあります。

191cmの長身を生かした取組みで優勝は2012年の1回のみですが、なによりもモンゴル人力士のパイオニアとして後輩力士に与えた影響は強く、パレードでは横綱白鵬が自ら旗手役を買って出るなど多くの力士がその功績を讃えました。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士 朝赤龍(現役力士)】

幕内対戦成績勝負 410勝442敗33休(59場所) 2016年12月現在

朝赤龍太郎は2000年に土俵入りを果たし、2003年に幕入りしたモンゴル人力士です。名前の通り、朝青龍の兄弟力士として同じ高砂部屋に所属しています。温和な正確で人に好かれ、朝青龍の露払いを務めていたことでも有名ですが、昨年は戦績が伸び悩み2017年1月場所から幕下に転落してしまいました。

朝赤龍の幕下転落によって、高砂部屋には幕内力士がいなくなり、1878年から138年間にわたって続いていた関取在籍の歴史が途切れることになりました。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士 時天空(元小結2016年引退)】

幕内対戦成績 431勝494敗20休(63場所)

時天空慶晃は2004年に入幕したモンゴル人力士で、昨年7月場所まで12年間にわたって幕内力士として活躍しました。突っ張りと得意とする力士で、2007年には小結まで昇進しています。また、モンゴル人力士としては始めて日本の大学を卒業したことでも話題になりました。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士 白馬(元小結2011年引退)】


(出典:イラストACより)

幕内対戦成績 55勝65敗(8場所)

白馬毅は2000年に土俵入りし、8年かけて2008年に入幕したモンゴル人力士です。2010年には小結となりますが、2011年に大相撲八百長問題で引退勧告を受け引退します。因みに、妻は同じモンゴル人力士の時天空の妹で2008年に結婚しました。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士 旭鷲山(元小結2006年引退)】

幕内対戦成績 408勝507敗2休(62場所)

旭鷲山昇は1992年に旭天鵬らと共にモンゴル人力士として始めて土俵入りしたパイオニアの一人で、1996年に入幕しました。モンゴル出身の後輩力士のために尽力したり、モンゴルでの慈善活動を大々的に行っており、モンゴル国内では朝青龍を凌ぐ人気があります。引退後はモンゴルの政治家として、国民大会議議員(モンゴルの国会議員)を務めました。

【徳瀬川(元前頭筆頭2011年引退)】

(出典:イラストACより)

幕内対戦成績 48勝42敗(6場所)

德瀬川正直は2010年初入幕のモンゴル人力士で、2011年3月場所に向けた席次発表で前頭筆頭に昇進するも、大相撲八百長問題で引退勧告を受けてしまいます。13歳よりモンゴル相撲を始めており、旭鷲山を頼って来日したものの不名誉な形で大相撲を去ることになりました。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士 玉鷲(現役力士)】

幕内対戦成績 301勝359敗(44場所) 2016年12月現在

玉鷲一朗は2008年に初入幕した力士で、現在東関脇を務めています。2015年の3月場所で小結に昇進し新三役となりましたが、初土俵以来66場所かけての新三役昇進は、外国人力士としては最下位のスローペースでした。

晩成型の力士であり、30歳9ヶ月で日馬富士から金星(外国人力士最高齢)を上げたり、2017年1月場所では関脇に昇進し横綱鶴竜から勝利を収めるなど、まだまだ今後が楽しみな力士です。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士 翔天狼(現役力士)】

幕内対戦成績 164勝196敗15休(25場所) 2016年12月現在

翔天狼大士は2009年に初入幕のモンゴル人力士です。2001年に土俵入りしてから8年かけて幕内力士に昇進しました。最高位は東前頭2枚目ですが現在は前頭7枚目で、怪力のモンゴル人力士です。2009年には白鵬を突き出しで破り歴史的な大金星(09年、白鵬は86勝4敗という驚異の記録を持っています)を上げました。

【大相撲を沸かせるモンゴル人力士 猛虎浪(元前頭6枚目2011年引退)】

幕内対戦成績 71勝79敗(10場所)

猛虎浪栄は2009年に入幕した力士ですが、2011年に大相撲八百長問題で引退勧告を受け引退しました。引退後は総合格闘技に転進するはずでしたが、実現はしていません。

大相撲のその他おすすめ記事

【ますますモンゴル人力士から目が離せない大相撲!】

いかがでしたか?今回は幕内モンゴル人力士13名をご紹介しました。こうやって並べてみると、モンゴル人力士と言っても取り口や性格は人それぞれで、白鵬や朝青龍のような気性の荒い力士ばかりでないことが分かります。ますます盛り上がっている大相撲ですが、これからもモンゴル人力士の活躍に注目です!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。